量産

中国の工業ロボットの発展現状

20年もの発展を経て、中国の工業ロボットの産業規模は大きくなり、プレスロボットを含めた多くの工業ロボットの製造・生産を成し遂げました。国産ロボットを生産ラインに投入して使用し始める一方、ロボットの研究開発に力を入れる人材も現れており、一部の技術は世界レベルに達している。

現在、中国で使用されているロボットは世界総量の約10%くらいを占めている。IFRのデータによると、2016年中国の工業ロボットの販売数量は9万台に達しました。工業情報部のデータによると、2016年中国のロボットの生産量は7.24万台あり、前の年と比べて34.3%増加しました。全体的に見ると、ロボットの需要は上がる一方である。

日ごとに増加していく需要に応じるために、中国ではロボット業界を重心として発展する町は20個以上あり、この二年間でロボットを取り扱う企業の数量は400社から1000社以上増加しました。関連企業は3400社を超えている。特に広東省にあるロボット企業が一番多くて、658社あり、その次は江蘇省で、512社あります。他に上海、北京、浙江省など経済の発達している地域にもロボット企業が次々と設立されている。

しかし、中国のロボットはまだ発展の余地がある。特に20KG以下の小型工業ロボットである。近年のロボットの販売状況から、2022年になると、20KG以下のロボットの販売量は17.1万台に達して、20-100KGのロボットの販売量は6.7万台に達して、100KG以上のロボットの販売量は4.2万台に達すると予測できる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%B7%A5%E4%B8%9A%E6%9C%BA%E5%99%A8%E4%BA%BA/1290396/0/b2de9c8       2d158ccbf5f71f4c01bd8bc3eb035417e?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=b2de9c82d158ccbf5f71f4c01bd8bc3eb035417e

資料引用元:https://xw.qianzhan.com/analyst/detail/220/171129-1ddba990.html

筆者:孔德珩

2019年8月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com