部品

電子機器の組立

電子機器の組立は電気原理図または論理図に従い、各種の電子部品、装置と機器部品、装置及び機械構造を合理的に配置し、相互接続して組み立て、応用と生産ができる装置となることである。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%B5%E7%D7%D3%C9%E8%B1%B8%D7%B0%C5%E4&mode=1&did=38#did37

組立の仕組み

固定式組立

1.集中固定式組立

すべての機器の組み立て作業は一組の労働者が一つの作業場で集中的に完成される。

2.分散固定式組立

すべての機器の組み立て作業は部品組立と総組立に分かれ、それぞれ複数の作業場所で行われる。

3.製品固定式流れ作業

固定式組立をいくつかの独立した組立工程に分け、それぞれ何組かの労働者が担当し、各組の労働者は順序よく各組立場所に行き、機器部品に対して本グループが担当する組立作業を行う。

移動式組立

1.自由移動式組立

移動式組立は各組立工程の労働者と作業場所が固定であるが、組み立てされる機器部品が順次各作業場所を通し、各作業場所で一つあるいはいくつかの工程を完成し、最後の作業場所で完成品を出す。

2.強制移動式組立

組立過程においては、コンベアまたはリレーチェーンにより、機器部品が連続または間欠的に製品を一つの作業場所から次の作業場所へ移動させ、各作業場所で異なる組立工程を行い、最後にすべての組立作業を完成させる。

電子機器の組立

1.厳格に作業説明書の要求に従って操作する。

2.各種の部品、材料はすべて検査して合格した後に組立てることができ、組立てる前にその外観、表面に破損、色収差などがあるかどうかをチェックする。

3.ケーブルや他のコネクタアセンブリを取り立てる時、正しい方向と極性を注意し、設置の位置は正しくなければならない。

4. 取り立ての過程で、部品の安全性を注意する必要がある。例えば、静電気に敏感な部品を取り立てる場合は静電気防止に注意しなければならない。

5.部品は組立てる過程でクラック、凹み、圧傷及び電子機器の性能に影響を与える可能性がある他の損傷を防止する。特に探測器の組立部品に注意しなければならない。

6.組立てる時、機器に異物を落とさないように気をつけなければならない。

7.全体の組立過程においては、電子機器の外観保護に注意し、また傷、汚れ、破損などの状況を防止する。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/42cadaf677eeaeaad1f34693daef5ef7ba0d120d?ivk_sa=1023194j

https://baike.sogou.com/v83512049.htm?fromTitle=%E7%94%B5%E5%AD%90%E8%AE%BE%E5%A4%87%E7%BB%84%E8%A3%85%E4%B8%8E%E7%BB%93%E6%9E%84

筆者:陈芝

2019年7月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com