成型

機能性複合材料のプラマグ

プラマグ「プラスチックマグネット」は、基材樹脂で磁石粉末を固めた機能性複合材料である。このため、通常の鋳造磁石と焼結磁石と比べると、基材部分の磁気特性は悪いが、加工成型しやすく、生産性が高く、複雑な形状と小型の製品を作ることができ、しかもサイズの精度が高いという利点がある。プラマグは開発以来、大幅に使われてきましたが、近年の電子機器、通信機器、家電音響製品などの急速な発展に重要な役割を果たしている。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%CB%DC%C1%CF%B4%C5%CC%FA&mode=1&did=3#did8

プラマグは、プラスチックで磁石の粉末をつなぎ、射出成形、圧縮成形、押し出し成形などのプラスチックの成形方法で製造する磁石である。プラマグの一般的な特性は、粉末の磁気特性とプラスチックの成形加工性、大量生産性、弾性、耐酸塩基腐食性などである。

プラマグはフェライトの開発の初期から応用されてきたが、現在はより優れた磁気特性を持つ新世代の製品が期待されている。磁気が強い希土類、特にスモッグ(Sm一Co)類はすでに市場に入った。しかし、資源問題のため、現在は主に資源が豊富な欽(Nd)類を使用している。

プラマグの機能性複合材料にとっては、その製品の加工性や磁気特性などは基材の特性、特に溶融特性の影響を受けやすい。また、各異方性のプラマグに対しては、基材の中の磁石は、同じ極で互いに反発し合った状態で指向しているため、磁気粉末の形状と濃度が磁気特性の発揮に影響を与え、磁気機能の安定性が悪くなることができる。また、N d類の磁石は酸化しやすく、磁気特性を損なうため、プラマグの安定性を重要な課題となることは現在の研究方向になっている。

資料引用元:

http://xuewen.cnki.net/CJFD-SLKJ198905019.html

https://baike.sogou.com/v69268249.htm?fromTitle=%E5%A1%91%E6%96%99%E7%A3%81%E9%93%81

筆者:陈芝

2019年7月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com