表面

金属防腐の効果的な方法―溶融亜鉛メッキ

溶融亜鉛メッキは、金属防腐の効果的な方法であり、主に各業界の金属構造施設に使われている。簡単に説明すると、きれいに洗浄された鉄製品を500℃ぐらいの溶融した亜鉛液に浸漬し、鉄鋼と溶融した亜鉛を反応して合金の膜を生成するということである。

良好な溶融亜鉛メッキ作業は各プロセスが厳格に管制され、機能を徹底的に発揮することである。前の操作がよくなければ、後の連鎖不良反応を引き起こし、作業コストを大量に増加し、不良な溶融亜鉛メッキの製品を作り出す可能性がある。前処理が不良であれば、亜鉛液は鉄鋼と正常に反応できず、最も完璧な亜鉛メッキ層を形成しない。後処理が不良であれば、亜鉛メッキ層の外観を破壊し、中物になり、商品価値を低下させることがある。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%C8%C8%BD%FE%B6%C6%D0%BF&mode=1&did=85#did84

現在、中国で通用する溶融亜鉛めっき合金のプロセスは非常に簡単である。亜鉛製錬工場が亜鉛合金を生産するのは中間周波数の無芯誘導炉を増設して中間合金を準備し、亜鉛板を溶かすために使われているハイパワー誘導電気炉を改造し、炉の頂中央に穴を開け、攪拌装置を増やし、計量をして中間合金に入れて混ざり、鋳造すればいいのだ。

この生産モードの特徴はプロセスが簡単で、既存の溶融炉を改造して利用できることである。亜鉛製錬工場のために広く採用されているが、このプロセスにはいくつかの方面の不足がある。

1.生産効率が高くない。

2.合金の成分が不均一である。攪拌羽根の直径は頂上の開口の制約を受けるため、小範囲の撹拌が矩形の炉に対して、影響は限られている。

3.合金の種類を取り換えるのは面倒である。合金元素を変える時、炉を洗うのは長時間をかける必要がある。

4.炉の温度の変動が大きい。合金液を放出して大量の亜鉛板を加える時、温度が一番低く、ハイパワーの昇温が必要で、中間合金に入る時、温度が一番高くなる必要があり、エネルギー消費と金属焼損の面でもよく制御できない。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E9%95%80%E9%94%8C/4920276?fr=aladdin

https://baike.sogou.com/v781432.htm?fromTitle=%E7%83%AD%E9%95%80%E9%94%8C

筆者:陈芝

2019年7月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com