テスト

3Dスキャンでデータ作成

通常に言っている3Dとは、平面2Dにもう一つの方向ベクトルを加えた空間系のことである。

3Dスキャンとは、光、機械、電気及びコンピュータ技術が一体となるハイテク技術であり、主に物体の外形と構造及び色をスキャンし、物体表面の空間座標を得るために用いられる。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%C8%FD%CE%AC%C9%A8%C3%E8&mode=1&did=51#did50

その重要な意味は、実物の立体情報をコンピュータで直接処理できるデジタル信号に変換し、実物のデジタル化のために非常に便利で迅速な方法を提供することである。3Dスキャン技術は接触せず測定することができることを実現し、速度が速く、精度が高いという利点を持っている。

3Dスキャン技術は主に以下の場合に適用される。

1.リバースエンジニアリング実地訓練室の教学

2.リバースエンジニアリング「RE」/高速成形「RP」

3.実物をスキャンしてCADデータを作成する場合、またはモデルをスキャンし、部品表面の3Dデータを作成する場合

4.3D CADデータが使えない部品に対してデータを作成する場合

5.競争相手の製品と自社製品を比較し、データベースを作成する場合

6.RPに作られた真実のモデルを使用し、製品の設計を確立して改善する場合

7.有限要素を分析するデータのキャプチャ

8.「CAT」/CAE検査

9.生産ライン品質の制御と製品部品の形状検査

例えば、金属鋳物と鍛造、プラスチック部品(圧塑型、ロール型、射出成形型)、鋼板プレス、木製品、複合及び発泡製品である。

10.文化遺産の入力と電子展示

11.歯及び歪み矯正

12.整形及び上顎面の手術

3Dスキャナーは速い立体測定装置としては、測定スピードが速く、精度が高く、接触せず、使いやすいなどの利点があるので、大幅に応用されている。3Dスキャナーでシート、サンプル、モデルをスキャンし、その立体サイズのデータを得ることができる。これらのデータは直接CAD/CAMソフトとインタフェースでき、CADシステムでデータを調整、補修、加工センターまたは快速成形設備で製造する。製品の製造サイクルを大幅に短縮することができる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v7626687.htm?fromTitle=%E4%B8%89%E7%BB%B4%E6%89%AB%E6%8F%8F%E4%BB%AA

https://baike.sogou.com/v68492839.htm?fromTitle=%E4%B8%89%E7%BB%B4%E6%89%AB%E6%8F%8F

筆者:陈芝

2019年7月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com