加工

セーパー加工

セーパーは、ラムにバイトをつけ、直線的に往復運動をする平削盤であり、ラムの先端のバイト台の形が牛の頭のように見えるので、セーパーと呼ばれている。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%C5%A3%CD%B7%C5%D9%B4%B2&mode=1&did=2#did1

セーパーはケース、蓋、平板、ベースなど種類の部品を加工するのに適している。平面や溝などの削りは粗削りの加工範囲に属する。中小型のセーパーの主な運動はクランクスイング機構を使っている場合が多いので、ラムの移動速度は不均一である。大型のセーパーは油圧伝動が多く、ラムは基本的に等速運動である。単刃削りの加工を採用しており、ラムが帰路の時、切削しないので、セーパーの生産性が低い。セーパーは主に普通のセーパー、ならいセーパー、移動式のシェーバーなどがある。

セーパーは主に少量生産においては、中小型ワークの平面、成形面、溝の削りに用いられる。その主な5つの特徴は:

  1. セーパーのテーブルは左右に回転角度ができ、テーブルは横と昇降の快速移動機構がある。傾斜した平面を削るために使用範囲を拡大した。
  2. 削り盤の送りシステムはカム機構を使い、10段送り量がある。送り量を変えても、非常に便利である。
  3. セーパーは送りシステムの内に超荷重安全機構を設置しており、作業が不注意または外力の影響を受け、過負荷を切削した場合、送りが自分で滑り、機械の正常運行を保証できる。
  4. ラムと機体誘導装置の間及びスピードのあるギヤと主なスライド誘導装置面は、オイルポンプが打ち出した潤滑油を潤滑していることがある。
  5. セーパーにはクラッチと制動駐車機構がついているので、スピードを変え、機械を起動する及び停止する時、電源を切らなくてもいい。制動駐車機構は、クラッチが外れた時の慣性ストローク量を10ミリ以下にしていることができる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v513225.htm?fromTitle=%E7%89%9B%E5%A4%B4%E5%88%A8%E5%BA%8A

https://wenwen.sogou.com/z/q799156811.htm

https://wenwen.sogou.com/z/q656890251.htm

筆者:陈芝

2019年7月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com