テスト

大切な設備検査

設備検査は設備の修理作業の中で重要な内容であり、設備の運行状況、作業性能及び摩耗程度を把握できる。修理作業のためによく準備し、修理の品質を高め、修理の時間を短縮する。検査の内容は設備の技術状況の変化と磨耗状況を理解することを含み、発見された問題に対して設備修理の措置を提出することが必要である。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%C9%E8%B1%B8%BC%EC%B2%E9&mode=1&did=10#did9

設備検査の中で四つの必ず知っておくべきもの:原理が分かり、構造が分かり、性能が分かり、プロセスが分かる。三つのできること:操作ができ、保養ができ、故障を排除することができる。

設備検査は時間によって日常検査と定期検査に分けられる。

1、日常検査。日常のメンテナンスと併せて、主に設備の操作員が主に担当している。異常を発見した技術状況に対しては必要なメンテナンスを行わなければならない。大きな問題を発見したら、早急に報告し、できるだけ速く修理の準備をする。

2、定期検査。定期検査は検査のスケジュールのことである。作業員の参加で、検査員が検査作業を行っている。定期検査は設備の技術状況、部品の磨耗程度を確実に把握するために、修理や修理の作業量を行うかどうかを確定する。定期検査はまた細かく年次検査、月検、及び週検に分けられる。

また、技術の面によって機能検査と精度検査に分けられる。

1、機能検査。設備の各機能の検査と測定である。例えば、設備の油漏れ、ガス漏れ、防塵及び高温、高圧、高速の性能などを検査する。また、設備の機能指標、性能パラメータが基準に合っているかどうかをチェックする。

2、精度検査。設備の加工精度に検査と測定を行い、設備の精度の劣化程度を確認し、加工製品の品質を保証するために調整、修理及び更新が必要かどうかを判断する。

設備の検査は、設備が長時間に良好な精度と性能を維持できるかどうかと関係しており、また設備の故障率と作業率に関係しており、加工製品の品質にも関係している。タイミングチェックは、問題をタイムリーに発見し、修理の時間を短縮し、機械設備の寿命、作業性能、安全性能を大幅に向上させるため、経済効果が顕著である。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/6f6e9e4a5f0e7cd1842536d8.html

https://baike.sogou.com/v76164774.htm?fromTitle=%E8%AE%BE%E5%A4%87%E6%A3%80%E6%9F%A5

https://wenku.baidu.com/view/83f726b6f46527d3240ce0da.html

筆者:陈芝

2019年7月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com