部品

スイッチ製造の材料

スイッチとは電流を通したり止めたり、また、切り替えたりする装置である。スイッチの原理は接点の「コンプリート」が電子接点の導通を表示し、電流が流れることを許される。「開回路」は電子接点が導通せず開回路にならなく、電流が流れることが許されないことを示している。

画像引用元:https://baike.sogou.com/v1276483.htm?fromTitle=%E5%BC%80%E5%85%B3%EF%BC%88%E7%94%B5%E8%B7%AF%EF%BC%89

用途に応じて波動スイッチ、バンドスイッチ、レコード破りスイッチ、電源スイッチ、予選スイッチ、リミットスイッチなどに分ける。構造によってマイクロスイッチ、船型スイッチ、ボタンスイッチなどに分ける。

スイッチ製造の主な材料

1、パネル:(3種類)

ABS:低級なエンジニアリングプラスチックで、変色しやすく、低強度である。

PC料:耐衝撃性が強く、耐熱性が強く、透明性が高い。

アミノプラスト:燃えなく、変色しなく、磨耗しなく、熱化学性が強い。

2、スイッチぼうじゅ部品(3種類)

真鍮:材質が堅く、弾性が少し弱く、中等の導電率を持ち、明るい黄色を呈している。

錫燐青銅:材質が堅く、弾性がよく、導電率が黄銅より良く、赤黄色を呈している。

赤銅:材質が少し柔らかく、弾性がよく、導電率が高く、赤紫色を呈している。

3、スイッチ接点(2種類)

純銀:電気抵抗が低く、材質が柔らかく、融点が低く、酸化しやすく、電気アークが発生しやすく、電線やスイッチ部品を破壊し、通電不良を引き起こすことがある。

銀合金:電気抵抗が低く、材質が磨耗に耐え、融点が高く、酸化防止の利点があり、総合性能が純銀より優れている。

4、スイッチ抜き口(2種類)

自己潤型:ナイロン、材質が硬くて摩擦に耐え、潤滑作用を持ち、摩擦力を減少させる。

通常の強化ナイロン:時間が長くなるとスムーズではない現象が出り、摩擦力が増大して銀点が融解し、負荷流量が下がる。

5、ベース(3種類)

輸入強化ナイロン:絶縁性が良く、剛性が強く、衝撃に良く耐え、耐腐食、高温で変形しなく、内部部材がいつまでも脱落しないようにする。

再生PC料:耐衝撃が弱く、耐熱性が弱く、変形しやすい。

普通の合成プラスチック:老化しやすく、燃えやすく、変形しやすい。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v1276483.htm?fromTitle=%E5%BC%80%E5%85%B3%EF%BC%88%E7%94%B5%E8%B7%AF%EF%BC%89

https://baike.sogou.com/v7917756.htm

筆者:陈芝

2019年7月17日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com