テスト

軌道付帯設備

軌道付帯設備とは、線路のよじ登り防止、曲線と踏切の強化及び走行の安全を保証する軌道設備の総称である。各種のよじ登り防止設備、レール、ゲージストラット、脱線器などが含まれている。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%B9%EC%B5%C0%B8%BD%CA%F4%C9%E8%B1%B8&mode=1&did=22#did42

クリープどめはレールの縦方向の抵抗を高め、線路のよじ登りを防止する付帯設備であり、クリープ変形防止装置とクリープ止めぐいから構成されている。線路のよじ登りは線路を破壊する最も基本的な原因の一つである。そのため、よじ登り防止設備を使う以外に、よじ登り防止型のレールと有効な道床の突き固めの措置を採用しなければならない。その目的は線路をロックし、よじ登ることを防止し、線路の品質を強化して高める。すべての線路、ポイントに適用される。

レールは橋のレール、踏切のレール、ポイントのレール、曲線ぼうまさつの保護レール、曲線の脱線防止のレールなどの5種類に分けられる。レールは通常、古いレールを採用することになっている。本線の敷設されるレールは普通38 kg/mを下回ってはいけない。レールの継ぎ手は同じレール型のペーシで接続する。ナットはホイール溝の外側に取り付ける。

ゲージストラットは普通、小半径曲線軌道の外側に取り付けられている。列車が曲線鉄道を通過する時、横方向の力が大きすぎるので、軌道の横方向の変位が大きすぎになり、レールの転覆を防止する。普通にはゲージストラットが枕木の軌道に使われることが多い。

脱線器は軌道上の保護装置であり、線路上の人員または重要な車両を保護するために使用され、一旦機関車や車両が軌道に入ったら、すぐに脱線し、保護対象の安全を保証する。積み込み列車は到着場で列車検査を行う時、列車の両端に脱線器を設置しなければならない。機関車が滑ると、脱線器は機関車を強制的にレールから離れ、人の命を保護することできる。また、重要機関車の安全を保護するために、これらの重要機関車の両端にも脱線器を設置することが必要である。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v167331164.htm?fromTitle=%E8%BD%A8%E9%81%93%E9%99%84%E5%B1%9E%E8%AE%BE%E5%A4%87

http://www.docin.com/p-1175958430.html

筆者:陈芝

2019年7月16日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com