加工

キー溝加工方法

キー溝の役割は、穴類の部品と軸類の部品を接続し、両者の間にトルクを伝えることができることである。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%BC%FC%B2%DB%BC%D3%B9%A4&mode=1&did=19#did18

普通の平キーの両側面は作業面である。組み立て要求を保証するために、キー溝の設計基準に従い、キー溝の幅、両側面の表面の粗さ、キー溝と軸の対称度などの要求は普通には比較的に高く、対称加工に属する。キー溝の深さサイズ、キー溝の底面の粗さに対する要求は相対的に低い。

キー溝の加工方法は3つの段階を行っている。普通フライス盤加工、キー溝フライス加工、CNCフライス盤と加工センターの加工である。

普通フライス盤とキー溝フライス盤は、キー溝用フライスを使ってキー溝を加工する。キー溝フライスは2つのつめ歯車があり、円柱面と端面は切削刃があり、端面刃を中心まで延べ、エンドミルのようなまたはドリルのような形をしている。キー溝加工は対称フライス削りに属する。両側面は一面が順フライス削り、反対面が逆フライス削り、順フライス削りの側の表面粗さが逆フライス削り側の表面粗さより良く、両側面の粗さの差が大きい。キー溝加工時には、フライスの直径が小さく、強度が低く、剛性が悪い。フライス削りの中で、歯あたりの切削厚さが小さくから大きくなり、フライスの両側の受けられる力がアンバランスである。フライスが曲がっているので、加工のキー溝が傾いておいる。キー溝は軸に対して対称度が悪い。普通フライス盤加工のキー溝の傾斜と両側面の表面の粗さが悪く、アンバランス問題を解決するために、いくつかの対称度と両側面の表面の粗さに対して要求の高いキー溝はキー溝フライス盤を使って加工することができる。

CNCフライス盤と加工センターは、エンドミルを使って加工している。エンドミルの直径はキー溝の幅より小さいので、直径がキー溝の幅に近い標準フライスを選ぶべきである。エンドミル端部の切削刃が中心に延べず、直接半径方向に送ってはいけない。円柱の表面の切削刃は主に切削刃であり、端面の切削刃は副切削刃である。キー溝を加工する時、普通には斜めに挿す式と螺旋で挿し込む方法を採用し、ボーリングの方法をも採用して半径方向に直接送ることができる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v48171060.htm?fromTitle=%E9%94%AE%E6%A7%BD

https://wenku.baidu.com/view/6984633d43323968011c927a.html

筆者:陈芝

2019年7月16日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com