部品

コネクタ製造業界の市場規模

コネクタとは電線と電線、または電線と電気器具とを接続するための部品です。電線と電線を接続して、一つの回路にするために用いられる部品・器具です。コネクタを用いずに電線をハンダ付けや圧着あるいは光ファイバーを融着などで接続した場合、その接続を解くには、ケーブルを切断することなどが必要になり再接続は困難となりますが、コネクタを使用した場合、一般に手を用いて容易に繰り返し接続・切断を繰り返すことが可能です。

近年、世界経済の変動の影響を受けて、中国を代表とするコネクタ市場は拡大しつつあります。そのため、TE Connectivity、Molexなど世界有名なコネクタメーカーは生産工場を中国へと移転しています。現在、中国は世界最大のコネクタ製造基地となりました。

同時に、中国のコネクタ製造技術も素早く発展して、市場規模が年々拡大しています。データーによると、2010-2017年、中国のコネクタ業界の収入は年ごとに増加しています。2017年、コネクタ業界の収入は2483.91億元に達して、去年と比べて8.32%増加しました。

コネクタは主に自動車、通信、航空、軍事装備、コンピューター、工場、家電などの領域で使用されています。その中、自動車業界は世界のコネクタ市場の23%占めており、その比例が最も高いです。その次は通信の21%で、工業も10%以上占めています。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E8%BF%9E%E6%8E%A5%E5%99%A8/9855439/0/d50735fae6cd7b890c824b8e012442a    7d8330ed4?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=d50735fae6cd7b890c824b8e012442a7d8330ed4

資料引用元:https://xw.qianzhan.com/analyst/detail/220/190129-c3e57412.html

筆者:孔德珩

2019年7月15日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com