量産

プレスロボットの応用及びそのメリット

プレス技術は製造加工過程の中で、製品の変形、成形、複雑な形状を製作する主要な一環で、軸受業界、金物業界、標準部品業界などのプレス製造業界に広く応用され、プレスロボットのプレスの領域での応用はます大きな利点を発揮している。

 

画像引用元: http://roll.sohu.com/20140311/n396404693.shtml

プレスロボットの応用と優勢は以下の4つの方面がある。

一、生産過程における安全性の低減

プレス技術は実際の操作において非常に高い危険性があり、以前は手作業で完成させていたため、製品の過熱による作業員の火傷、直接人手による操作による機械の圧傷などの事故がよく発生していた。プレスロボットは材料の入れ、運搬、つかみ、押しなどの作業を完全に代替することができ、生産過程における人身安全と設備の安全性を大幅に向上させた。

二、作業時間が伸びる

衝撃プレスロボットは24時間連続で作業ができ、生産効率を大幅に向上させ、生産能力を高めることができる。

三、製品の品質と精度を高める

人工の操作誤差、労働者の情緒などの原因による製品のプロセス品質が安定しないことを避けることができ、厳格な標準化作業は更に製品の精度を高めることができる。標準品業界で広く応用され、その役割は非常に大きい。

四、生産能力の制御可能性を高める

手作業を代替し、生産能力の制御性を高め、納期が安定し、生産管理に大きな利便性と可能性をもたらすことができる。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/abc04595b1717fd5360cba1aa8114431b90d8e22.html

https://www.mmsonline.com.cn/info/305366.shtml

https://zhidao.baidu.com/question/717167656850499365.html

筆者:曹元元

2019年7月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com