加工

セラミック加工

セラミックとは、狭義には陶磁器を指すが、広義では非金属や無機材料で製造過程において高温処理を受けたものの総称として用いられている。シリコンのような半導体や、酸化物、炭化物、ホウ化物などの無機化合物の成形体、粉末、膜など無機固体材料の総称として用いられている。粘土や珪石などの天然物は伝統的なセラミックスの原料である。

画像引用元:https://baike.sogou.com/v9067945.htm?fromTitle=%E9%99%B6%E7%93%B7%E5%8A%A0%E5%B7%A5

セラミック加工とは作業場で専門的に陶磁器を加工することである。セラミック加工には特殊な加工工具と加工技術が必要である。セラミック材料に対する加工は機械加工の特例であり、一般的な機械加工場はセラミック加工の能力を備えていない。

セラミック加工の特徴

1、セラミックはサイズと表面精度の要求があるが、焼結の収縮率が大きいので、焼結後のセラミックのサイズの精度が保証できない。

2、セラミック材料は高硬度、高強度、強い脆性の特性があり、加工しにくい材料に属している。

セラミック加工の方法

セラミック材料に対しては、特殊な物理的機械的性能なので、最初は研削方法でしか加工できない。機械加工技術の発展に伴い、現在は金属加工のような様々な技術を採用してセラミック材料を加工することができる。その特徴は外観と精度のレベルが高く、生産効率が低いが、生産コストが高いことだ。

1、研磨加工:磨きをかける加工、ベルト加工、ロール加工、超音波加工、ボールブラスト加工、粘弾性流動加工。

2、塑性加工:ダイヤモンド塑性加工、ダイヤモンド塑性研削。

3、化学加工:エッチング、化学研磨、化学の磨きをかける加工。

4、電気加工:電気スパーク加工、電子ビーム加工、イオンビーム加工、プラズマ加工。

5、複合加工:フォトリソグラフィ加工、ELD研削、超音波研削、超音波電気スパーク加工。

6、光学加工:レーザー加工。

資料引用元:

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF

https://baike.baidu.com/item/%E9%99%B6%E7%93%B7%E5%8A%A0%E5%B7%A5/7792593?fr=aladdin

https://baike.sogou.com/v9067945.htm?fromTitle=%E9%99%B6%E7%93%B7%E5%8A%A0%E5%B7%A5

筆者:陈芝

2019年7月10日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com