部品

シールリング製造

シールリングは欠けたところがある環状のシール部品であり、スリーブのリング溝の中に置き、スリーブを軸と一緒に回転させ、欠けたところによって押しつけられた後、ぴったり内側の穴壁に当たり、密封の役割を果たしている。各接触する表面は硬化処理されて研磨される必要がある。シールリングはクロムを含む耐摩耗鋳鉄で製造されており、スライド速度が100 m/s以下のところに使用できる。スライド速度が60~80 m/sの範囲内であれば、錫青銅でシールリングを製造することもできる。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%C3%DC%B7%E2%BB%B7&mode=1&did=27#did26

製造方法と材料によると、シールリングは一体式のシールリング、結合式のシールリング、表面に硬質合金かけ、塗装セラミックスなど様々な構造がある。

一体式のシールリング

このシールリングは同じ材料で作られているので、材料の性能はシールリングの各部位で均一に一致している。結合式シールリングの漏れと分離の欠陥がないばかりでなく、電気化学腐食の可能性もない。ソフトリングはグラファイトを多く用い、ハードリングは種々の合金鋼を使用できる。

結合式のシールリング

シール端面は硬質合金を採用しており、シールリングの基体(リングホルダーという)は普通の材料で作られている。硬質合金リングとリングホルダーの間の接続と密封問題を解決するために、熱装着式、密封輪式、溶接とろう付けの4つの結合式のシールリングが生まれた。

1.O型つきのシールリング

この結合式のシールリングは、硬質合金リングとリングホルダの間にH 7/g 8の滑りで配合されている。

2.熱装着式のシールリング

シールリングを組み合わせる時に、リングホルダが加熱されて膨れ上がり、硬質合金リングを入れ、冷却した後、両者はしめしろの状況に結合を完成し、常温でシール端面を要求の精度まで研磨する。

3.溶接の結合式のシールリング

熱装着式のシールリングのアンスレッディング欠陥を克服するために、溶接のシールリングが出現した。溶接する時、リングとホルダーの間にニッケルの粉末を敷き、真空抵抗炉の中に置き、1100℃の高温溶接を経り、溶接応力を除去する。

4.ろう付けの結合式のシールリング

ホルダーの上にグルーブを開き、低い融点の溶接材料でリングとホルダーの間に溶接し、溶接材料が溶けてリングとホルダーを連結し、間の密封を実現できる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%AF%86%E5%B0%81%E7%8E%AF

筆者:陈芝

2019年7月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com