表面

ラックの加工と電気めっき処理

ラックは歯が線形体に分布する特殊なギアであり、直歯のラックと斜め歯のラックに分け、それぞれ直歯の円柱ギアと斜め歯の円柱ギアにペアで使用されるものである。ラックの歯型は直線であり、インボリュートではなく、基準ピッチ円の半径は無限大の円柱ギアに相当する。

画像引用元:https://baike.sogou.com/v174040.htm?fromTitle=%E9%BD%BF%E6%9D%A1

ラックの加工方法

(1)はぎり

(2)歯車方削り

(3)歯車シェービング仕上げ

(4)歯車研削

(5)ギヤーホーニング

はぎり加工は展成法原理でラックを加工する。ホブで加工し、対輪は一対のインターリーブコイルに相当する。

ギヤーシェーパカッタで展成法や成形法によって、外歯車やラックなどの歯面を加工するのは歯車方削りと呼ばれる。歯車方削りはちょくばに加工することもできるし、はすばに加工することもできる。

歯車シェービング仕上げ加工は一対の螺旋角の異なる螺旋歯車がかみ合う原理によって、ギヤーシェービングカッタと切られるラックの軸線空間が交差する角度で、それらのかみ合いはサイドプレーがない両面がかみ合う自由展成運動である。

歯車研削は、砥石を利用して研削具として円柱のラックを加工することである。主に熱処理後の変形を除去し、ラックの精度を向上させるために使用される。

ギヤーホーニングの原理は歯車シェービング仕上げと似ている。ギヤーホーニングとワークは一対の螺旋歯車と似ており、かみ合う所の相対滑りを利用し、歯面間に一定の圧力を加えてギヤーホーニングを行う。

ラック製品の保護と使用の面で、普通には電気めっき黒クロムを使用してラック製品を処理する。

電気めっき黒クロム処理後、次のような利点がある。

一、表面が平らで、きれいで、型が外れやすい。

二、錆がつかない。

三、めっきの過程で原部品は変形して小さくなり、表層に黒クロムをめっきした後、硬度(HR 65以上)を強化し、高温に耐えて500℃に達し、腐食に耐え、酸を防ぎ、磨耗に耐える。

四、部品のサイズが足りないなら、黒クロムを加えることによってサイズを達成することができる。

五、視覚、立体的な効果を達成し、製品の安定と表面品質を確保できる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v174040.htm?fromTitle=%E9%BD%BF%E6%9D%A1

https://baike.sogou.com/v3196521.htm?fromTitle=%E7%A3%A8%E9%BD%BF

https://baike.sogou.com/v65975642.htm?fromTitle=%E6%BB%9A%E9%BD%BF

https://baike.sogou.com/v69403646.htm?fromTitle=%E5%89%83%E9%BD%BF

https://baike.sogou.com/v73901400.htm?fromTitle=%E7%8F%A9%E9%BD%BF

筆者:陈芝

2019年7月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com