加工

マグネシウム合金の特徴と応用

マグネシウム合金は、ベースとしてマグネシウムと他の元素からなる合金である。実用金属中最も軽く、高強度・高剛性の特性もあり、マグネシウムの比重がアルミニウムの約2/3、鉄の1/4にあたる。

画像引用元:http://www.ofic.co.jp/mg/magne.htm

マグネシウム合金製品の特徴:

1.低密度、アルミニウムより1/3軽量、アルミニウム合金より高い比強度

2.高い消耗限界

3.アルミニウム合金より大きい衝撃負荷に耐えることできること

4.良好な熱伝導性

5.良好な鋳造性能

6.良好な寸法安定性

7.リサイクルが容易ということ

8.良好な切削加工性

9.減衰能が優れている

10.エンジニアリングプラスチックよりも多方面で優れており、エンジニアリングプラスチックに代われること

11.灯油、ガソリン、鉱物油及びアルカリなどに対する耐食性が高いこと

マグネシウム合金の主な用途分野は4つの主要な方面に分かれている

1.乗り物への応用

マグネシウム合金でオートバイエンジン、ハブ、減速機、リアアームレスト、減衰システムなどの部品を製造する。車両の質量を低下させるだけでなく、車両の加速とブレーキ性能も高めさせる。他には運転振動、排気ガス、騒音及び燃料消費量を低減し、乗り心地の快適感を向上させることができる。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/241457457_100021427

2.電子工業における応用

マグネシウム合金は優れた薄型鋳造性能と良好な比強度、剛度および衝突抵抗の能力を有し、一般向け電子製品の高度集積化、軽量化、小型化、衝突防止および電磁シールド、放熱、環境保護の要求を十分に満たすことができる。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/241457457_100021427

3.航空宇宙工業における応用

航空材料から言えば、構造的な軽量化と荷重限界と機能の統合は、航空機の構造材料における重要な開発する方向である。現在、その応用には、民用および軍用航空機用エンジンコンポーネント、スパイラル、ギアボックス、ブラケット構造およびロケット、ミサイルや衛星のいくつかの部品が含まれている。

4.化学工業分野の応用

マグネシウム合金は、金属の腐食を有効に防止することができる。家庭や工業用湯沸かし器、地下鉄管、ケーブル、石油タンク、海水蒸留器、汽船の殻および海洋環境の鉄柱などの寿命を延ばすために広くて使用される。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v271887.htm?fromTitle=%E9%95%81%E5%90%88%E9%87%91

http://www.sohu.com/a/241457457_100021427

http://www.ntxinlong.com/m/news/419.html

http://www.ofic.co.jp/mg/magne.htm

筆者:陈芝

2019年6月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com