テスト

至る所に見られるプラスチック製品

プラスチック製品はプラスチックを主な原料として加工し、生活や工業など用品を作る総称である。プラスチックは可塑性を有する合成高分子材料の一種である。

日常生活に欠かせない3つの合成材料とするのはプラスチック、合成ゴムと合成繊維である。 具体的には、プラスチックは天然又は合成樹脂を主な成分とし、各添加剤を加え、一定の温度及び圧力の条件下で一定の形状を作り、室温で材料の形状を維持するものである。

画像引用元:http://www.huishangbao.com/sell/show-4358452.html

他の材料と比べると、プラスチックは次の性能特性を持っている

1.軽量

2.優れた化学的安定性

3.優秀な電気絶縁性能

4.熱不良導体、声を消し、振幅を減少する役割を果たすこと

5.大幅な機械的強度、比強度が高いこと

成分の紹介

私たちが普通使用するプラスチックは単一の成分ではなく、多くの材料で作られるものである。 その中で高分子ポリマー(又は合成樹脂という)はプラスチックの主成分であり、その他、プラスチックの性能を改善されるために、また、充填剤、可塑剤、潤滑剤、安定剤、着色剤、帯電防止剤などの様々な補助材料を高分子化合物に添加し、良好な性能を持つプラスチックになれる。

プラスチック加工

プラスチック成形過程は合成樹脂製造工場から作られたポリマーで最終プラスチック製品を作るプロセスである。加工方法にはコンプレッション、押出、ジェットモールディング、シートブロー法、カレンダー加工などを含んでいる。

画像引用元:http://www.nipic.com/show/10451427.html

プラスチック製品は生活の中で広く使用されているが、それに対応する長所と短所もある。

長所

1.大部分のプラスチックは耐食性が強く、酸やアルカリと反応しない。

2.作るコストが低い。

3.耐久性、防水、軽量である。

4.可塑性が強い。

5.優秀な絶縁体である。

6.プラスチックは原燃料油と燃料ガスが調製され、原油の消費を低減することができる。

短所

1.廃プラスチックのリサイクルは困難だけでなく、不経済もある。

2.プラスチックは燃えやすく、燃焼する時有毒ガスを産生する。 例えば、ポリスチレン燃焼はトルエンを産生し、この物質は少しでも失明を引き起こす可能性があり、吸い込まれば嘔吐など症状になることもできる。

3.プラスチックは石油から精製される製品だが、石油資源は限りがある。

4.プラスチックは自然に分解することはできない。

5.プラスチックは耐熱性が低く、老化しやすい。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v725759.htm?fromTitle=%E5%A1%91%E6%96%99%E5%88%B6%E5%93%81

http://www.nipic.com/show/10451427.html

http://www.huishangbao.com/sell/show-4358452.html

筆者:陈芝

2019年6月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com