部品

エンジンの動力源——クランクシャフト

クランクシャフトとはエンジンを構成する部品の一つである。自動車で一般的に使用されているレシプロエンジンのピストン運動を、回転エネルギーに変換するためのものである。それはコネクティングロッドから来る力に耐え、クランクシャフト出力を通してトルクに変え、エンジンの他の付属品を動かす。クランクシャフトは、回転質量の遠心力、周期的なガス慣性力および往復の慣性力の共同影響を受け、曲げねじり負荷が受けられる。

したがって、クランクシャフトは十分な強度と剛性を持つことが要求され、シャフトネックの表面が耐摩耗性、均一な作業、良好なバランスでなければならない。

画像引用元:http://www.tuxi.com.cn/viewb-37377-373773945.html

クランクシャフト材料は、炭素構造鋼または球状鋳鉄で作られており、その構造は一般的にメインネック、コンロッドネック、クランク、バランスブロック、フロントエンドとバックエンドで構成されている。メインネックがシリンダーブロックに取り付けられ、コンロッドネックがコンロッドのピン穴に接続され、コンロッドの小さな穴はシリンダーピストンに接続されている。典型的なクランクスライダー機構である。

クランクシャフトの潤滑は主にロッカーアーム間のシャフトタイルの潤滑と両端間の固定点の潤滑を指す。これは、一般に圧力潤滑だが、クランクシャフトのの真ん中にオイルポンプや各種シャフトタイルと相通ずり、運転後のエンジンはオイルポンプで潤滑、冷却を提供する。エンジンの作業の過程は、圧縮ガスの混合物を爆破することを通し、ピストンを押して直線的な動きを行い、コンロッドを介してクランクシャフトに力を渡し、クランクシャフトによってリニアモーションを回転運動に変換する。クランクシャフトの回転はエンジンの動力源である。

画像引用元:http://www.bjgrish.com/html/cn/yanfajishu/jishutiandi/474.html

加工技術

クランクシャフトの荒削りはクランクシャフト加工の変形量を効果的に減らすためにCNC旋盤、CNC内部フライス盤、CNCブローチ盤などの先進設備を採用し、メインネック及びコンロッドネックにCNC旋回、内部フライス加工、車引き加工をする。精密に加工するクランクワークはCNC制御クランクシャフトグラインダーを広く採用され、シャフトネックを仕上げ加工される。この研磨機は研削の質の安定性を保障するために砥石車の自動移動のバランス装置、センターフレームの自動追跡装置、自動測定、自動補償装置、砥石車の自動ドレッシング、一定したライン速度などの機能が配置される。

資料引用元:

http://www.bjgrish.com/html/cn/yanfajishu/jishutiandi/474.html

http://www.qcwxjs.com/fadongjiweixiu/1657.html

https://baike.baidu.com/item/%E6%9B%B2%E8%BD%B4

筆者:陈芝

2019年6月17日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com