加工

ステンレスの三大めっき技術

ステンレス加工業界で最もよく使われる三大めっき技術はイオンプレーティング、ガルバニめっきと電気泳動である。一般的に電気めっき技術を使用する素材の材質はステンレスであり、宝石、服装、デパートなどによく応用されている。イオンプレーティング、ガルバニめっき及び電気泳動にはどのような区別があるのか。まず、それぞれの定義について述べる。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/519592465.html

電気めっきは電気化学過程であり、酸化還元過程でもある。めっきの基本的なプロセスは部品を金属塩の溶液に浸して陰極とし、金属板を陽極とし、直流電源に接続した後、部品上に必要なめっき層を堆積させることである。

イオンプレーティング:真空の下で、細い金属線の蒸発と凝結により金属の薄層をプラスチックの表面に付着させる。

ガルバニめっき:電解により金属或いは合金を素材の表面に堆積させ、均一で緻密で結合力の良い金属層を形成する過程をガルバニめっきというのだ。簡単に理解すると、物理と化学の変化あるいは結合である。電気泳動には陰極電気泳動と陽極電気泳動の2種類があり、異なる電気泳動に必要な電気泳動液も異なりのは、主に帯電性が相反である故だ。両者の区別は対象が異なることであり、一つは金属イオン、もう一つはコロイドである。処理後の結果も異なり、電気めっきは金属層を形成し、保護、錆止め、美観などの役を立つのだ。電気泳動は一般的に塗装に応用され、すなわち表面にペンキ層を塗装し、自動車分野によく使われている。

めっき:電解により金属或いは合金を素材の表面に堆積させ、均一で緻密で結合力の良い金属層を形成する過程をガルバニめっきというのだ。簡単に理解すると、物理と化学の変化あるいは結合である。電気泳動には陰極電気泳動と陽極電気泳動の2種類があり、異なる電気泳動に必要な電気泳動液も異なりのは、主に帯電性が相反である故だ。両者の区別は対象が異なることであり、一つは金属イオン、もう一つはコロイドである。処理後の結果も異なり、電気めっきは金属層を形成し、保護、錆止め、美観などの役を立つのだ。電気泳動は一般的に塗装に応用され、すなわち表面にペンキ層を塗装し、自動車分野によく使われている。

3つの技術の中に、電気めっきの対象がステンレスならば、ガルバニめっき価格が最も高く、次いで電気泳動、最終的にはイオンプレーティングである。価格にも差があるが、めっきの色がどうなるかというと、作り方の次第だ。現在では、青銅、黄古銅などの工芸を追求すると、やはりガルバニめっきの方がいい。イオンプレーティング、電気泳動などの技術は確かにガルバニめっきの効果に及ばない。

資料引用元:

http://www.bjbxg8.com/baike/513.html

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E9%95%80/1839646?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E6%B3%B3/476520?fr=aladdin

筆者:胡金成

2019年6月2日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com