成型

深セン・プレスロボット型

プレスロボットがプレス分野での応用は、ますます大きな長所を現している。プレスロボットの技術が不断に発展し、完璧になるにつれ、プレスロボットはプレス領域に広く応用されている。

プレスロボットは主に実行機構、駆動機構、制御システムの三つの部分から構成されている。手の部分はワーク(またはツール)を把持するための部品であり、把持された物の形状、サイズ、重量、材料と作業要求によって様々な構造がある。

特徴

1.プレスロボットの稼働時間が長く、一日には24時間連続で運行できる。

2.プレスロボットは、人工に代わって危険な作業を行うことができる。いくつかのプレス分野では、多くの工程は危険性がある。プレス業界の原理はプレスの重量プレスを利用して生産していおり、その人工はそばで操作する危険性が大きい。プレスロボットが作動するとボスの心配がなくなる。

3.プレスロボットはコストが低い。ロボットは1台で7~15万ぐらいである。コスト前期はかなりのお金になるが、時間によっては月で計算すれば、社員の半年分の給料に相当する。

4.プレスロボットは給料がかからず、効率が高く、人工のミス率よりずっと低い。

5.仕事の効率が高い。人力の仕事はいろいろな要素に影響される(環境、気持ちなど)が、プレスロボットなら安定した仕事スピードで生産でき、何の影響も受けない。

画像引用元:http://www.tudarobot.net/joints-robot/duanyaduozhoujixieshou.html

資料引用元:

http://www.tudarobot.net/industry-134785

http://www.tudarobot.net/industry-130089

http://www.tudarobot.net/joints-robot/duanyaduozhoujixieshou.html

筆者:孔靖茵

2019年5月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com