量産

深セン・メッキ鋼板の種類

メッキ鋼板とは、深い衝撃性能を持つ低炭素鋼板の表面に錫、亜鉛、アルミニウム、クロム、鉛-錫合金、有機塗料、プラスチックなどをメッキするものである。通常のメッキ鋼板は以下の種類がある。

錫メッキ鋼板

錫めっき鋼板とは、厚さ0.1~0.32 mmの鋼板の表面に純錫をメッキするものである。錫メッキ鋼板の表面は光沢があり、腐食に強く、深くプレス成形した潤滑性があり、溶接性が良好であり、精巧な印刷と塗装ができる。それは食品缶詰工業と製造に広く使われている。

亜鉛メッキ鋼板

亜鉛メッキは経済的で効果のある鋼材腐食防止の方法であり、亜鉛メッキ鋼板の厚さは普通0.35~3 mmである。英語の「galvanizing」は亜鉛メッキ層が鋼板に電気化学的保護作用があるという意味がある。

画像引用元:http://www.sdxkgt.com/cpzsshow.asp?id=759

アルミニウムメッキ鋼板

アルミニウムメッキ鋼板は純粋なアルミニウムめっきまたはシリコン5~10%のアルミニウム合金を含む鋼板であり、SO2、H2S、NO2などのガスの腐食に抗し、抗酸化性と熱反射性も優れている。自動車の排気システム、加熱炉の部品、建築材料などに使われることが多い。

カラーコーティング鋼板

カラーコーティング鋼板は亜鉛めっき鋼板または冷間圧延鋼板を基体とし、表面処理後に各種の保護・装飾を施した複合金属板であり、「カラー有機コーティング鋼板」とも呼ばれる。それは内から外までの構造層が、冷間圧延板、亜鉛メッキ層、化学転化層、初コーティング(下地塗料)、精層(正、背面漆)のことである。この板材は表面の色が目新しく、付着力が強く、錆び防止性と装飾性に優れている。そして、加工性能が優れている。剪断、曲げ、穴あけ、リベット、巻き取りなどができる。一般的なコーティングは無機コーティング、有機コーティング、複合コーティングの3種類に分けられている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%B6%82%E5%B1%82%E9%92%A2%E6%9D%BF/4485071?fr=aladdin

http://www.sdxkgt.com/cpzsshow.asp?id=759

筆者:孔靖茵

2019年5月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com