加工

深セン・鉄加工のプロセス

鉄加工は鍛造、圧延、溶接、表面処理などの技術特徴を総合した芸術的な製造技術であり、大部分の鉄加工の製品は安全保護及び盗難防止製品だけでなく、環境を美化する芸術製品でもある。

鉄加工のプロセスにおいて、一方では製品の美観と芸術性を発現しており、他方では製品の堅固さ、耐久性を重視する。鉄加工の製作過程にはロールプレス、ロフティング、ブランキング、鍛造、花作り、リベット、組立、研削、メッキ、スプレー、塗装、パッケージングなどのプロセスが含まれている。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%93%81%E8%89%BA/10773103?fr=aladdin

材料選択

適度な硬度と柔らかさを有する低炭素鋼を選択する。鉄加工の製品の主な成分は鉄(fe)と炭素(c)である。炭素含有率が2 %未満であり、リン含有率が0.25 %未満の鋼は低炭素鋼と呼ばれる。

ロールプレス

金属材料表面にはロールプレスにより種々のパターンが鍛造される。ローラプレスは、金属材料の表面に種々のパターンをローラープレスでプレスする工程である。その特徴は、連続した局部的な塑性変形を生じ、所望のパターンを得るために、直線で動く金属ブランクに対する一対の逆回転プレスを適用することである。加工された材料の断面形状は丸く四角形で長方形である。

鍛造

各種の裁断された材料を鍛冶場に渡して鍛造処理を行う。鍛造は金属製品のブランチを得るための圧力加工方法であり、衝撃力や静圧を利用し、工具や金型を通じ、金属スラブを塑性変形させ、一定の形状、サイズ、内部組織を持つ鍛造品を得る。

資料引用元:

http://www.dianping.com/home/q2772955

https://baike.baidu.com/item/%E9%93%81%E8%89%BA/10773103?fr=Aladdin

筆者:孔靖茵

2019年5月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com