テスト

表面処理についての紹介

表面処理は製品の耐食性、耐摩耗性、装飾或いはほかの特殊な機能などの要求を満たすように素材の表面でめっきや塗装などにより行われる機械工作法の一種である。

中国においては、一般的にいわゆる表面処理には二つの解釈がある。一つは広義の表面処理であり、すなわち前処理、電気めっき、塗装、化学酸化など多くの物理化学方法を含む技術である。広義の表面処理業界についていえば、中国での発展はまだ未熟である。技術上の空白が多く、関連資料の重視度も不足しており、これらは中国の表面処理技術のレベルが低く、しかも発展が遅れ、関連する人材が不足する原因となっている。もう一つは狭義の表面処理であり、すなわちアブレイシブジェット、研磨などを含む俗に言う前処理部分である。以下、主に狭義の表面処理について述べる。

 

画像引用元:https://huaban.com/pins/1790737085/

 

素材は加工、運送、保管などの過程の中で、表面に酸化皮、さび、溶接スラグ、ほこり、油及びその他の汚物が付くことが多い。コーティングが素材の表面にしっかりと付着するためには、塗装する前に素材の表面をクリーニングしなければならない。そうでない場合は、コーティングと金属の結合力と耐食性に悪い影響をもたらすだけでなく、コーティングの保護の下でも素材の腐食が続いており、コーティングが剥げかねず、製品の機械性能や寿命に不利な影響を与える。そのゆえ、素材の塗装前の表面処理は品質のよい防護層を獲得し、製品の寿命を延長する重要な保証と措置である。

 

資料引用元:https://baike.so.com/doc/6252310-6465722.html

 

筆者:胡金成

2019年5月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com