部品

深セン・バルブ製造の特徴

バルブ未加工品の製造技術と検査技術は比較的に複雑

バルブの鋳物未加工品は構造が複雑な薄壁ケースである。鋳物は、滑らかな表面と明確な鋳造活字、特にコンパクトな構造を必要としては、多孔性、収縮、亀裂や砂の包含などの欠陥を許可しない。

このような要求を満たすためには、鋳造時に一連の工芸措置を取る必要がある。例えば、耐火性の高い造型材料を選択し、鋳型砂の水量を制御し、造型時には成層的に打ち固めて砂型の硬度を保証する。技術要求が高いので、バルブ未加工品の鋳造工程は一般鋳物よりずっと複雑である。

また、バルブ未加工品はサイズ、位置精度及び外観を検査する以外、金属組織、機械の機能、耐食性および非破壊試験のために試験される必要があるので、バルブの検査はより複雑である。

画像引用元:http://www.kelerd.com/prod_view.aspx?TypeId=88&Id=417&Fid=t3:88:3

機械加工の難度が高い

バルブの材料の種類が多いため、各種の鋳鉄、炭素鋼を除き、その大部分の高強度、耐食、高硬質材料の切削性能が悪く、部品に規定の加工精度と表面粗さを達成するのは難しい。バルブシール面の幾何学形状精度と表面粗さの要求が高いため、バルブ機械加工の困難性がさらに高まっている。

その同時、バルブ材料の切削性能が悪く、また部品の加工方法、工具角度と幾何形状、工具材料、切削用量、工芸装備などに多くの新たな問題をもたらした。

バルブの部品を機械に取り付けるのが難しい

バルブの主要部品は構造、形状が複雑であり、一部の部品は薄壁、細長い部品に属し、剛性が悪い。工作機械で加工する時、位置決めとクランプは難しいので、複雑な専用治具が必要である。

一部のバルブ部品は、基面の精度が低く、表面の粗さが高く、非加工面の位置決めを採用することもある。加工された密封面などの部位の精度と表面粗さの要求が高いため、加工品質を確保するのは難しい。

そのため、プロセス上の必要を満たすために、位置決めベースの精度を高め、表面の粗さを低減したり、加工面に位置決めベース面を加工したりする必要があるので、バルブ製造プロセスの複雑さを増大させる。

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/924794100233718259.html

http://www.zgbfw.com/(djycs455535yrj45us1oh1mi)/info/pump-news-1508041.html

http://www.kelerd.com/prod_view.aspx?TypeId=88&Id=417&Fid=t3:88:3

筆者:孔靖茵

2019年5月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com