組立

深セン・玩具雑貨組立 自動包装機

自動包装機は一般的に半自動包装機と全自動包装機の2種類に分けられる。自動包装機は主に食品、医薬、化学工業などの業界と植物の種にの自動包装に使われる。包装されるものは粒子、錠剤、液体、粉薬、膏体などの形態が可能である。自動包装機は自動的に計量、充填、袋の密封、切断、輸送、生産ロット番号の印刷、切り口の追加、無料警報、攪拌などの機能を持っている。

その適用範囲はインスタント麺、アイスクリーム、ビスケット、ウェーエハースビスケット、卵黄パイ、ロールクッキー、パン、ソーセージ、海藻、冷凍食品、医薬品、医薬品PTP包装シート、輸液バッグ、石鹸、化粧石鹸、蚊取り線香、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、カード、テープ、使い捨て食器類(ナイフやフォーク)などの固定形状アイテムの包装である。

画像引用元:http://www.webleili.com/

また、その機能の特徴は、自動包装機の高度設計、合理的な構造、信頼性の高い機能である。自動包装機はタイミングベルトでフィルムを引き、シリンダーによって張緊を制御し、自動的に是正し、自動警報保護機能を採用し、最大限に損失を減らす。測定デバイスは、バッグの作成、充填、印刷、カウントを統合マッチングする。開閉モードの計量装置は、材料に応じて再装着することができる。

その上、組立ブロック組立玩具包装機の市場需要が大きくなってきており、工業の高度化が進んでいる。組立ブロック玩具包装機は、加工工程で回転する必要がある。現在、組立ブロック玩具包装機の機械装置には、ギヤアラック駆動、スクリュー駆動、流体駆動であるビルディングブロック玩具包装機の機械装置の3種類の駆動回転モードがある。

資料引用元:

http://www.webleili.com/documentation/163.html

http://www.webleili.com/documentation/161.html

http://www.webleili.com/

筆者:孔靖茵

2019年5月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com