テスト

金型の必要性

金型の存在は知っていても、どれほど生活に貢献しているかよく知らないという方も多いのだろう。金型はすでに私たちの生活の中でかけがえのない役割を果たしており、生活用品はほどんど金型を離れることができない。例えば、コンピューター、電話機、ファックス、キーボード、コップなどのプラスチック製品は金型がなければできない。また、自動車やバイクエンジンのようなフードも金型で作られており、1台の車だけで様々な型が2万個以上も使われているため、現代の生活で金型の役割に代わるものではないと言われる。

金型とは、金属で製作した型枠のことである。上下で一対の構造になっており、中に溶かしたアルミや樹脂を流し込んだり、固い金属材を直接挟み込んだり、「同じ形の製品を大量に作る」目的で使用される。金型、すなわち工業生産では、射出成形、ブロー成形、押出、ダイカスト又は鍛造成形、製錬、プレスなどの方法で必要な製品の各種の型と工具を得る。安価かつ安定した大量生産が可能になることから、モノづくりの母と呼ばれることもある。簡単に言うと、金型は様々な部品で構成された成形品を作成するためのものであり、異なる金型は異なる部品で構成されている。それは主に成形した材料の物理状態の変化によって物品の外形の加工を実現する。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/模具/371134?fr=aladdin

金型は現代の製造業において欠かせない存在である。仮に金型がなかった場合、ひとつの製品を製造するためにかかるコストは非常に高くなってしまう。だから、金型はさまざまな製品の製造に用いられている。そして、金型はスピードアップ・品質の安定化・コストダウン・短納期化といった生産性に直結する面だけでなく、製品の多様化・小ロット化・環境対策・軽量化などの、時代やニーズの変化への対応力も持ち合わせている。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/283407493_120020784

https://baike.baidu.com/item/模具/371134?fr=aladdin

https://mitsu-ri.net/articles/mold-basic

筆者:钟珮瑜

2019年5月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com