加工

へら絞り加工

へら絞りとは金属の伸びる性質を利用した塑性加工のひとつである。

スピニングとも呼ばれている。旋盤を改造した機械に材料をはさみ、それを回転させ、ローラーや、へらと呼ばれる金属等で押し当てて成形している。陶芸のロクロにも似ている。

職人は、プロセス中に生成された建物の詳細を使用している。例えば、特別照明、装飾する家庭用品である。 商業応用には、ロケットノーズコーン、調理器具、ガスボンベ、真鍮製の楽器、公共廃棄物容器が含まれる。

身の周りの生活必需品からロケットまで「へら絞り」の技術が活躍している。私たちの周りに「へら絞り加工」で作る製品がたくさんある。以下のように例を挙げる。

浄水機の部品、シンバル、照明器具の傘、自動車ホイール、パラボラアンテナ、通信機器の部品、学校給食などの業務用厨房設備部品、科学機械部品、ディスプレイ用品である。

画像引用元: http://www.rizhaosansheng.com/jsskxy/yxxy/

「へら絞り加工」について

  1. 製品の軽量化
  2. 金型コスト (低)、単一部分料金 (中)
  3. 小規模および中規模のバッチ生産が適切だ
  4. 適用材料:ステンレス鋼、真鍮、銅、アルミニウム、チタニウムなどのような金属シートのために適した
  5. 回転対称形ならばかなり複雑な形状でも成形できる
  6. 加工表面が滑らかで均質に仕上がる

へら絞り加工設備は、線から面への応力によって形状を形成する技術であり、一定の方向に一定の圧力を与え、この方向に沿って金属材料を変形させる。ここで、金属材料は塑性変形や流動性能を有していなければならず、へら絞り加工は塑性変形と違い、塑性変形や流動変形の複雑な過程であり、特にへら絞り加工技術は単なる強いスピン圧力や通常のスピン圧力ではないということを指摘し、両者の組み合わせである。強いスピン圧力は、様々なシリンダ、錐体異形体の成形状態に加工する技術だが、圧延法としても知られている古く成熟した方法およびプロセスである。

画像引用元:

https://baike.sogou.com/v74549769.htm?fromTitle=%E9%87%91%E5%B1%9E%E6%97%8B%E5%8E%8B%E6%9C%BA

資料引用元:

http://www.koide-web.co.jp/kouza_Frame-top.html

https://baike.sogou.com/v74549769.htm?fromTitle=%E9%87%91%E5%B1%9E%E6%97%8B%E5%8E%8B%E6%9C%BA

https://www.professionalplastics.com/cn/Metal-Spinning.html

筆者:陈芝

2019-05-24

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com