量産

対向液圧プレス

対向液圧プレス成形法とは一般的なプレス成形法基本的に同じ構造だ。しかし、上型と媒質となる水或いは油などの粘性液体を満たした下型で加圧して材料を変形させる方法である。使用材料により、以下のように三種に分けられる。管液圧成形「Tube Hydroforming」、板材液圧成形「Sheet Hydroforming」とシェル液圧成形「Shell Hydroforming」なのだ。

板材液圧成形とシェル液圧成形は加工する時に使用する圧力が低い。それに対し、管液圧成形は使用する圧力が相対的に高く、内側高圧成形法「Internal High Pressure Forming」とも呼ばれている。板材液圧成形は作動油を媒質とすることが多く、成形圧力の最大値が100MPa を超えない 。シェル液圧成形は純水を媒質としては、成形圧力の最大値が一般的に100MPa を超えない 。内側高圧成形はエマルジョンを媒質とすることが多く、工業生産に成形圧力の最大値が一般的に400MPa を超えない 。

画像引用元:http://amino-corp.com/web/development/sheethydroforming

伝統的なプレス成形法と比べると、対向液圧プレス成形法は以下のメリットがある。

1、成形の限界を高めた。成形と焼きなましの回数及び対応の金型とコストを減らした。

2、成形後の部品は戻り弾性が小さく、表面品質と寸法精度が向上する。

3、金型の構造が簡単であり、加工の制度への要求が低い。小ロット、多品種の加工に向いている。

4、液体の応用により、室温でマグネシウム合金、アルミ合金、チタン合金、構造が复雑な溶接板のように成形しにくい材料を成形することができる。

対向液圧プレス成形法には著しいメリットがあるが、デメリットもあるのだ。

1、成形設備のトン数は伝統的なのより高いことが必要だ。

2、液体の応用ので、密閉性の問題は考慮しなければならない。

3、部品が成形した後、液体を補充するなどの工程が必要なので、生産の効率は伝統的な技術ほど高くない。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%B6%B2%E5%8E%8B%E6%88%90%E5%9E%8B%E6%B3%95/4159108?fr=aladdin

https://baike.so.com/doc/4921022-5140115.html

筆者:胡金成

2019年5月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com