表面

光沢ニッケルとバレルめっき

科学技術の発展に伴い、耐食性だけではなく、生産性も高い上に、特殊な用途にも利用できるよう工業上にめっき生産に対する要求はますます高くなっている。時代が進むにつれ、めっきの方法も多くなっている。その中で、バレルめっきは独特な優位がある。バレルめっきにより部品の着脱時間を大幅に節約できるだけでなく、機械槽の装填量を増やし、生産性を向上させることができる。また、治具を必要とせず、治具上での無効なメッキ層を減らすので、電気と金属を節約することができる。

画像引用元:http://www.youboy.com/s502633688.html

バレルめっきはめっき方法の一種として、素材が小さく、量が大きく、変形しにくい部品、お互いに貼り付けしにくい部品、あるいはめっき液に漂うことが難しい薄片部品などに適している。バレルめっき技術により、製品の良好なめっき品質と耐食性を保証でき、それにこの技術は操作とコントロールが簡単で、めっき液もメンテナンスしやすくて経済的である。

電解ニッケルは、めっき液にはNiSO4、NaClなどが含まれている。金属板を陽極とし、治具に掛けた鉄部品を陰極としている。陽極では、Ni原子は電子を失って酸化されてNi2+になり、陰極ではNi2+は電子を得て還元されてNi原子になることで、陰極にNi層ができる。

実際に、メッキの過程は電子の移動過程である。バレル光沢ニッケルは、めっき学の原理に基づき、バレルなどのメッキ設備を用い、光沢剤や電流により、素材部品の上に還元反応を起こし、光沢Ni層を生成するものである。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%BB%9A%E9%95%80/3551021?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E9%95%80%E9%95%8D

https://wenku.baidu.com/view/53a11addbe1e650e53ea9945.html

胡金成

2019年5月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com