部品

EV産業の発展現状と計画  

EVとは純電気自動車のことで、ゼロ汚染の車両である。EVは石油資源を必要とせず、排気ガスを排出せず、モーター駆動騒音が小さく、制御しやすく、良好な安定特性と四象限(再生制動)の運転を実現することができる。複雑な伝動系やメカニズムはない。しかし、バッテリーの電力やエネルギーよりも効率が悪く、充電時間が長いなどの制限により、現在の純電気自動車の動力性、機動性、持続距離などは低くなっている。また、蓄電池パックの体積と重量が大きく、車両の整備品質が大きく、純電気自動車の発展に影響を与えている。しかし、新エネルギーである電気自動車は将来、必ず急速な発展を遂げることが予想される。

中国が世界最大の自動車販売市場になるにつれ、中国自動車業も発展の新しい段階に入った。新エネルギー自動車を含む省エネルギー自動車の発展が提唱されている一方、立ち後れた生産エネルギーを合併してリコンビナント化し、淘汰することで構造的な過剰生産を解決することが提唱されている。

2017年、深セン市のEV生産額は1200億元で、同時期規模以上の工業増加額の増加値より高い。深セン市電子情報産業基盤が良いなどの先発優位、長年の発展を経ち、深セン市の新エネルギー自動車産業は基本的に完成車の生産を主導とし、動力バッテリーと原材料、駆動電機、電気制御システム、充電インフラなどの補助産業が協力して完全な産業チェーンを発展するにより、各分野にそれぞれ一流のブランド企業が出現した。

画像引用元:http://www.gev.org.cn/cspd_xx/newsId=2438.html

深セン市は、産業集積発展をさらに促進するため、坪山区に総面積13.5平方キロメートルのEV産業基地を建設する計画がある。同基地の2017年の生産額は771億2400万元に達し、前年同期比17.13%増加し、坪山区規上の企業総額47%を占めた。現在は国家商務部に国家級の新エネルギー自動車産業基地として決定された。

資料引用元:

http://www.gev.org.cn/cspd_xx/newsId=2438.html

https://wenku.baidu.com/view/59f175dd7f1922791688e8eb.html

筆者:钟珮瑜

2019年5月17日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com