量産

深セン・接合プレス加工の優位性

プレートの接続、特に薄板の接続にはずっとリベットとネジという点溶接の方法を採用している。長い間、上記の接続方法は経済的にも技術的にも不足してきた。その一方、接合プレス加工はスポット溶接、リベットなどの伝統的なプロセスに取って代わることができ、普通の低炭素鋼板、アルミニウム板、コーティング板と異種の材質板との間の接続に使われる新たな方式である。

接合プレス加工の優位性

1.スポット溶接に比べて費用は30%~60%節約できる。

2.単点接続の静的接続強度はスポット溶接の70%である。

3.動的疲労接続強度はスポット溶接よりも遥かに高い。

4.複数点同時接続が可能であり、効率が高い。

5.接続点で働くメッキやコーティングが傷かれない。

6.接続強度は簡単に損傷のない検査ができる。

7.材料は接続点で押し出され強化されており、力学的ストレス集中現象は現れない。

8.ダイに活動部品がない。

9.加工過程の状態を自動的に監視・出力することができる。

10.ごく狭い設置空間でも、接合プレス加工が完璧に行える。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%86%B2%E5%8E%8B/1295563/0/9c57e3fa8672a1cdb48f3113?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=ae51f3deb48f8c547445411f38292df5e0fe7f68

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/6d6c6a30ce84b9d528ea81c758f5f61fb73628a1.html

http://xueshu.baidu.com/usercenter/paper/show?paperid=b73563c45df53f22adb52c229ee62e4b&site=xueshu_se

https://baike.baidu.com/pic/%E5%86%B2%E5%8E%8B/1295563/0/9c57e3fa8672a1cdb48f3113?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=ae51f3deb48f8c547445411f38292df5e0fe7f68

筆者:孔靖茵

2019年5月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com