表面

先進的な無電解ニッケルめっき技術

無電解ニッケルめっきは電解ニッケルメッキと異なり、通電しない化学めっき技術であり、添加した還元剤による触媒動力が提供され、ニッケル層の堆積が発生する。メッキ液には主塩、安定剤、還元剤、複合剤、緩衝剤などが多く使われる。無電解ニッケルめっきは深めっき能力が強く、均一なめっき能力があり、めっき層が緻密で、隙間率が低いなどの技術利点があり、応用範囲がすでに工業生産の各分野に広がり、現在世界の優秀な表面処理技術の一つである。

画像引用元:http://www.cn5135.com/Offer/ShowBigImage-3199883.html

無電解ニッケルめっきの特徴、性能、用途:

  1. 厚さが均一であり、均一なめっき能力があることは無電解ニッケルめっきの大きな特徴であり、広く応用されている原因の一つである。めっき層の電流分布が均一ではないため、厚さが不均一になっていることついて、無電解めっきはこの状況の発生を有効的に避けられる。
  2. めっき工作物は水素にしみられず、めっきした後、水素を除く必要がない。
  3. 無電解ニッケルめっきした製品は耐食性と抗高温酸化性では電解ニッケルめっきより良い。
  4. 熱処理は温度が低い。400℃以下で保温時間が異なる限り、異なる耐食性と耐摩耗性が得られる。それで、特に、形が複雑で表面には耐摩耗性と耐食性が要求される機能的なめっき層に適するのだ。

無電解ニッケルめっき技術はすでに広く応用されおり、この技術を使わない工業がほとんど見つからない。中国の無電解ニッケルめっき工業が出遅れたが、ここ数年、急速に発展している。大量の論文が発表されるのだけでなく、全国的なめっき会議も開催されたのだ。推測によると、中国は毎年の化学ニッケルめっき市場総規模が300億元ぐらいであり、それに年に10%から15%までの速度で発展していくという。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E9%95%80%E9%95%8D

http://www.qzglhxdc.com/show.asp?id=1053

https://baike.baidu.com/item/%E9%95%80%E9%95%8D/157375?fr=aladdin

筆者:胡金成

2019年5月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com