成型

打抜き型の制作に関する材料の選択

打抜き加工とはによって板材、帯材、管材、型材などに外力を加えて塑性変形あるいは分離を発生させ、必要な形状と寸法の製品を得る成形加工方法である。打抜き用の金型は打抜き型と呼ぶ。打抜き型は、素材(金属あるいは非金属)を必要な打抜き製品に量産する専用の工具である。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/123583733_552163

打抜き型は、打抜きの中でとても重要であり、要求に合った打抜き型がなければ、量産は難航するようになり、先進的な打抜き型がなければ先進的な打抜き工芸は実現できない。打抜き工芸や金型、打抜き設備と打抜き材料が打抜き加工の3つの要素を构成し、それらが相まってこそ打抜き製品を得ることができる。

打抜き型を製造する材料は、鋼材、硬質合金,鋼接合硬質合金、カルボニル合金、低融点合金、アルミニウム青銅、高分子材料などがある。打抜き型を製造する材料は大部分が鋼材を中心としている。金型を製造する材料は、高硬度、高強度、高耐耗性、適切な粘り性、高焼き入れ性と熱処理に変形しない(或いは少し変形)、焼き入れ時に割れにくいなどの性能が要求されている。

金型材料を合理的に選択し、正確な熱処理工芸を実施することは金型寿命を保証するキーである。用途の異なる金型に対して、その作業状態、受力条件及び被加工材料の性能、生産ロットと生産性などの要素を総合的に考慮し、上記の要求の各性能に重点を置くべきだ。その後、鋼種と熱処理工芸に対応する選択をする。

生産量が大きい場合、金型の作業部品の材料は品質が高く、耐磨耗性のよい金型鋼を選択しなければならない。金型の他の構造部分や補助構造部分の部品材料についても、それに応じて向上させるべきだ。大量ではない場合、コストを下げるために、材料の性能に対する要求を適切に緩和すべきである。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B2%E5%8E%8B%E6%A8%A1%E5%85%B7

https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B2%E5%8E%8B/1295563?fr=aladdin

筆者:胡金成

2019年5月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com