組立

自動車部品修理

自動車部品修理は自動車修理の重要な一部であり、損傷がある自動車部品の性能と寿命を恢復する作業である。主な作用は最大限度で部品の使用寿命を延長し、資源を節約し、自動車の修理コストを降下させることなのだ。需要によっては、特別なプロセスと材料で修復し、部品の機械性能を改善し強化する必要がある。

自動車部品の損傷は主に変形、クラック、錆、摩耗の四種類があり、その中で最もよく見えるのは部品摩耗なのだ。

変形、クラック、錆に対しては、一般的に常温加工、高温加工あるいは接着剤などの方法で修理できる。

摩耗に対しては、摩耗の程度が規定された修理サイズを超えなかったら、修理サイズによって加工できるが、もし修理サイズを超えたら、ビード溶接、スプレー、電気鍍金などのプロセス及び接着剤などの方法で修理できる。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1597893066946152242&wfr=spider&for=pc

また、自動車を修理する時、部品を交換する必要がある場合では、部品のメーカーを留意しなければならない。主に「オリジナルパーツ」(自動車メーカーの正規の仕入先が生産するスペアパーツである)、「アフターマーケット・スペアパーツ」(元部品の生産メーカーが授権しなかった工場で生産するスペアパーツである)、「正規工場パーツ」(合格した生産メーカーで生産するパーツであり、アフターマーケット・スペアパーツに属するが、質量とアフターサービスも保証があり、プロセスや外観ではオリジナルパーツに次ぐ)に分ける。

部品を交換する場合には、自分の需要によって、コストパフォーマンスが高い部品を選択するほうがよろしい。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%B1%BD%E8%BD%A6%E9%9B%B6%E4%BB%B6%E4%BF%AE%E7%90%86/11049365

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1611911508232996026&wfr=spider&for=pc

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1601634457512486042&wfr=spider&for=pc

筆者:黄燕

2019年5月2日 /

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com