成型

曲げ加工と曲げ型

絞り曲げと呼ばれることもあり、曲げ型では一般的で殆どの曲げ加工でこの構造を採用されることが多い。主な部品は曲げパンチ、ダイ、スプリングパッドで構成される。

曲げは、板材、型材、管材、棒材などを設計要求に従って一定の角度と一定の曲率に曲げ、必要な形状部品を形成するプレス工程である。これは成形工程であり、プレス基本工程の一つであり、プレス部品生産に一般的に応用されている。

曲げ方法は使用する工具と装置により、プレス上で金型を用いた圧屈と専用の曲げ装置での曲げ、転がり、引張等に分けられる。各種の曲げ方法は使用する設備とツールが異なるが、その変形過程と特徴は共通の規則がある。曲げに使用する金型は曲げ型と呼ばれ、曲げ過程に不可欠なプロセス装備である。

曲げ型作業部品の加工方法は押し抜き型と基本的に同じであるが、曲げ変形技術の特殊性のため、曲げ型作業空間の製造には以下の特徴がある。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/弯曲模/5162156?fr=aladdin

  • 曲げ凸凹型の加工は一般にテンプレートやサンプルを用いて精度を制御する。テンプレートおよびサンプルの精度は一般に±0.05mmである。曲げの跳ね返りにより、加工された凸、ダイスには修正値が必要であり、この値は作業者の実践経験や試行錯誤に基づいて決定されるべきである。また、補正値に応じ、モデルとサンプルを加工した。
  • 曲げ凸凹型の焼き入れ工程は通常、試作後に行われる。曲げ成形する際には曲げ部品のサイズを跳ね返すため、曲げ型を作製する際には、材料の反発値を考慮する必要がある。合格した部品が曲がるまで、モデルの試作と修正を繰り返すのが一般的です。したがって、凸凹型の形状と寸法の修正を容易にするため、試作モデルが適合した後にクエンチを行う。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/弯曲模/5162156?fr=aladdin

https://wenku.baidu.com/view/14501a0590c69ec3d5bb75eb

https://wenku.baidu.com/view/14501a0590c69ec3d5bb75eb

筆者:钟珮瑜

2019年4月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com