成型

曲げ型

曲げ変形は、スラブを予想される形に曲げる変形法である。それは生産においてよく使われる加工方法であり、工業水準の発展に伴い、ますます多くの曲げ板部品が日常生活に現れ、板材の曲げた成形過程、反発現象なども注目されている。

また、曲げ型は曲げ型鍛造に用いられ、鍛造時に普通鍛造型の曲げ型で行われることである。一方、タイヤ鍛造においては、曲げクッションダイス、伸び鍛造機、最終鍛造用金型などの助けを借り、各種の曲げ軸を鍛造する。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1626591463054217256&wfr=spider&for=pc

曲げ加工においては、変形ゾーンの内側の金属が圧縮され、しわや折りを起こし、外側部分の金属が伸びて割れやすくなり、曲げ点でのブランクの断面形状が歪んでしまう折り目と長さはわずかに増加する。曲げ半径が小さく曲げ角度が大きいほど、上記の現象はより深刻である。

そのため、ブランチの断面積は鍛冶品よりやや大きく(約10%~15%)、曲げない部分を先に抜き取ってから曲げ成形を行うべきである。また、鍛冶体の断面積と同等の毛玉を取ることもできるが、曲げ部位には局部的な材料が必要であり、その後、曲げて成形する必要がある。

資料引用元:

http://www.aitmy.com/news/201810/19/news_240235.html

https://wenku.baidu.com/view/4f97a78c534de518964bcf84b9d528ea81c72fed.html

http://www.aitmy.com/news/201507/27/news_92727.html

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1626591463054217256&wfr=spider&for=pc

筆者:孔靖茵

2019年4月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com