量産

コイニング技術の歴史

この十数年来、先進的な製造技術の発展の重要性について、かつてない共通認識を得るとともに、コイニング技術は深さと広さにおいても前例のない進歩と発展を遂げた。その特徴はハイテクと結合し、方法と体系的に大きく変化し始めたことである。

プレス技術の本格的な発展は、自動車の工業化生産から始まった。20世紀の初め、アメリカのフォード・モーターの工業化生産は大いにコイニング技術の研究と発展を推進した。その研究は基本的に板材成形技術と成形性で同時に展開していた。また、その肝心な問題は破裂、しわと弾戻しである。それは成形性の予測、成形方法の革新及び成形過程の分析と制御に関連している。

 

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1618176532263142554&wfr=spider&for=pc

 

しかし、20世紀の大部分の時間の中では、コイニング技術の習得には経験によるものであった。分析ツールは古典的な成形力学理論に基づき、解决できる問題は非常に限られていた。また、研究の重点は板材のコイニング性能と成形力学なので、自動車工業の需要を満たすことができなかった。

さらに、80年代の有限要素法とCAD技術の先進的発展により、90年代に数値シミュレーションを中心としたコンピュータ応用技術がコイニング分野で急速に発展し実用化され、材料変形研究とプロセス設計の有力なツールとなった。それから、自動車コイニング技術は本格的な分析段階に入り、伝統的な板材成形技術は経験から科学化に向かい始めた。

資料引用元:

http://blog.lcgt.com.cn/?id=517

https://zhidao.baidu.com/question/540855609.html

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1618176532263142554&wfr=spider&for=pc

筆者:孔靖茵

2019年4月30日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com