加工

深穴加工技術

深穴加工技術は機械加工において重要な技術であり、石油化学工業、航空宇宙飛行、造船工業、原発板、電力設備などの大部分の製造部門で広く応用されている。この他、深穴加工は現在の金型業界でも広く利用されており、多くのボーリング機では解決できない細穴や深穴の問題を解決するだけでなく、金型の加工コストを大幅に削減している。

深穴加工とは、穴の長さと穴の直径比が5より大きい穴のことである。深穴加工の一般的な深穴は多くの場合で、深径比がL/d≧100である。例えば、シリンダの穴、軸の軸方向の油穴、中空の軸穴と油圧弁孔などである。これらの穴の中には、加工精度と表面品質が高いことが要求されるものがあったり、加工された材料の切削加工性が悪いものがあり、多くの場合で、生産において大きな問題となっている。そのため、深穴加工は多くの人に重視され、ますます多くの人が深穴加工業界に入っている。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/298143337_100053074

深穴加工技術の特徴:

1、カッタ軸は穴の直径に制限され、直径が小さく、長さが長く、剛性が悪く、強度が低くなる。切削の時に振動、波紋、勾配が発生しやすく、深い穴の直線度と表面の粗さに影響する。

2、穴を開ける時、冷却潤滑液は特殊な装置を使わない場合であると、切削領域に入れるのが難しく、工具の耐用性を低下させ、かつ排屑も困難になる。

3、深い穴の加工過程で、工具の切削状況を直接に観察することができず、仕事の経験に頼って切削時の音を聞き、切屑を見て、手で振動と工作物の温度、メーター(油圧計と電気メーター)を見るだけで、切削過程が正常かどうかを判断する。

4、切屑の排除は困難であるので、必ず確実な手段を用いて断屑及び切屑の長さと形状をコントロールし、順調に排除し、屑詰まりを防止する。

資料引用元:

http://xueshu.baidu.com/usercenter/paper/show?paperid=873c9d02933445e796ce0559cc2cee23&site=xueshu_se

https://baike.baidu.com/item/深孔加工/3372919?fr=aladdin

http://www.dxskzjg.com/

筆者:钟珮瑜

2019年4月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com