テスト

外観検査

製品の外観の検査基準は生産過程のプロセスの欠点あるいは加工の不当による欠点の判定、表面処理の外観検査の判定、製品完成品の最終外観検査が適用される。ただし、内部構造サイズの評価基準は含まれていない。

原則:製品の外観は美しくなければならず、単独のゼロ/部品の全体の視覚効果は破壊されることができないため、生産者は真剣に操作し、製品の品質を厳格に制御し、生産過程で各種の表面への損傷を避ける。もし1つの欠点がバッチ性の欠点があることを発見したら、この欠点が「受け入れ可能」の範囲に属していても、その製品を受け入れないことができる。

製品の各部位の表面は製品中の位置と品質要求によって以下の3種類に分けられる:

Aレベル表面:製品が正常に作動している状態で、或いは製品の前のドアを開けた後、直接見られる表面(例えばFB 2刀の正面は字を表面とする)。

Bレベル表面:フォントのない刀体表面。

Cレベル表面:A、B類表面以外の面(お客様が直接見ることができない面、例えばFB 2刀の割線溝)。

自動車の外観検査を例としてみましょう。自動車の外観検査はGB 7258-1997「自動車運行安全技術条件」をもとに、自動車安全検査ステーションで安全検査を行う時の外観検査の主な内容は以下の通りである。

画像引用元:https://zhinan.sogou.com/guide/detail/?id=316513512349

例えば、検査車両の車両型番、工場番号、出荷番号及び車体(シャーシ)とエンジンの型番と出荷番号、番号を検査する。エンジンチェックをする。エンジンの動力性能が良好で、運転が穏やかで、アイドリングが安定で、同じ音がしており、オイルの圧力が正常で、エンジンは良好な起動性能を持っているべきである。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/89f142734a35eefdc8d376eeaeaad1f346931126

https://zhinan.sogou.com/guide/detail/?id=316513512349

筆者:钟珮瑜

2019年4月27日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com