製造

先進的な製造における発展

深センでの、宝安、龍崗、華強北、および恵州、東莞などの地区には、たくさんの電子部品の工場があり、また金型工場と線路板の生産メーカーもあり、これらはすべて深センが先進制造業分野の中心地を構成している。そのため、深センは昔から中国のシリコンバレーとも呼ばれている。港湾区の推進に伴い、深センのこの雰囲気も濃厚になっていく。

製造業の分野では、産業の一体化の中で、1つの新製品の研究開発の原型が出てから、すぐにすべての生産に必要な部品と量産のメーカーを探す。このサイクルは、ヨーロッパとアメリカでは、少なくとも1ヶ月以上かかる。深センはこのような大量の部品メーカーが集まり、また製品のメーターを含む産業の関連業者があるため、製品のメーカーを含め、このような完全な産業構造を形成し、更にはAI、5 Gなどのインターネットの業態の形式の運用を加え、深センは製品の変化対応の速度においてより速いという優勢を持っている。

12月20日、「新工業、大生態」をテーマにした「深圳国際先進製造・スマート工場展」が深圳市の展示会センターで開幕した。現在、国内で唯一、スマート工場の生態をテーマにした専門的な展示会だ。展示会の会場は製品の展示、技術交流、供給と需要のマッチングなどの多種の方法を通じ、設備から器具まで、分析からテストまで、倉庫に組立から貯蔵、ソフトウェアからプラットフォームまでの知能製造の各段階における先進設備と知能製造ソリューションを提示し、知能工場と工業インターネットが製造業にもたらす革新を検討した。

画像引用元:http://m.sohu.com/a/283472045_100286839?from=singlemessage

近年、国家レベルでの産業のアップグレード、革新、経済の新しいエネルギーの強調に伴い、工業インターネットはスマート製造のインフラとして、製造業全体の発展の中でますます重要な役割を果たすことになる。

資料引用元:

http://m.sohu.com/a/283472045_100286839?from=singlemessage

http://m.sohu.com/a/308832110_323328?from=singlemessage

筆者:钟珮瑜

2019年4月27日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com