深セン/深圳

「中国電子第一の街」の発展

深センに来る人が必ず訪れるところは、いくつかのテーマパークのほかに、華強北電子街も見逃せないのかもしれない。この通りは決して大きくない通り道ではあったが、その意味はもはや一つの「道」ではなかった。中国屈指の電子製品の集散地とし、この街は中国及び全世界の電子産業に大きな影響を与えている。華強北の発展は、深セン改革開放の歩みを映し出している。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/256228116_100263840

1988年3月28日、ある商人が縁起がいいと考えた日に、赛格工業発展ビルの一階の小さな区域が分離され、1400平方メートルの赛格電子市場が改築され、華強北電子市場が誕生した。30年余りの発展を経ち、華強北は国内外で有名なデジタル電子製品の集散地になり、「中国電子第一の街」の称号が授与されられた。華強電子市場は深セン商業の一枚のきらびやかな名刺となり、全中国甚だしきに至っては全世界の情報電子産業さえ影響を与えた。

3年以上の地下鉄の囲い工事を経ちて、華強北は街を再開し、1、2、3、7番の地下鉄、42か所の出入口が連接され、立体密集の交通ネットワークが以前の華強北の渋滞している交通環境を徹底的に転換した。町を再開した後の華強北はハードウエアの面で明らかに向上し、地区の人の流れ、経済、商業と不動産に対して著しい促進作用がある。

データによると、華強北商圏の現有企業は6.5万社で、個人業者は4.4万戸で、従業員は約22万人で、1日の人の流れは50~80万人に達している。2018年以来、華強北ビジネス街の人の流れ、売上高、店舗の賃貸料、企業と個人経営者の登録数はいずれも安定しており、大きい発展の潜在力を呈した。

政策の支持と推進の下で、華強北ビジネス街の多くの企業は自主研究開発、自主ブランド、製品の種類の多元化に転換した。国内外でも有名な「中国電子第一の街」が再スタートした。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/256228116_100263840

http://www.sznews.com/news/content/2019-04/01/content_21578659.htm

筆者:钟珮瑜

2019年4月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com