成型

絞り型の金型工場の選び方

絞り加工とは板金加工の一つで、一枚の金属の板に圧力を加えて、絞り込み凹状に加工して、容器形状にすることです。

現在、中国の金型産業は主に珠江デルタ地域と長江デルタ地域に集中しています。この二つ地域で生産した金型は全国の60%を占めています。その中広東省は金型の製造が最も速くて質がいい都市だとみなされていて、特に広東省の深セン市は改革開放のおかげで全国から多くの金型製造の人材が集まってきて、今深センの金型は質も量も全国のトップクラスです。

では、金型を絞り加工してもらいたい時、どのように工場を選んで良いのでしょうか。その方法をご紹介します。

まず、金型の製造から絞り加工をするまで全部できる工場のほうが勧めます。金型の製造と絞り加工を違う工場に頼んだら、納期が延びてしまう可能性がありますので、すべてのことができる工場を選んだほうがいいでしょう。

そして、絞り加工とはいえますが、さまざまな専門がありますので、自分の需要を合わせて適合した工場を探しましょう。

最後、金型工場に欠かせない人として、長年絞り加工を携わってきた職人、金型を設計するデザイナーと金型を製造する作業員と言われています。経験のある職人は設計図を見れば、製造できるかどうかすぐ判断できます。もし難易度が高かったり、コストが高いとしたら、エンジニアに意見を出して修正してもらいます。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E6%8B%89%E4%BC%B8%E6%A8%A1/4054660/0/5243fbf2b2119313760055fc65380cd791238d3f?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=5243fbf2b2119313760055fc65380cd791238d3f

資料引用元:https://wenku.baidu.com/view/e02fe643f02d2af90242a8956bec0975f565a44e.html

筆者:孔德珩

2019年4月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com