量産

シェービング業界の発展概況

中国のシェーバー産業は前世紀80年代末に発展し、急速に発展した軽工業製品である。この数年以来、その発展の勢いは速く、浙江省と広東省で二つの大生産センターが設立された。国内ブランドと国際ブランドとの競争の市場構造が現れている。

人々の生活水準の向上に伴い、各種類の小型家電製品も一般人の生活の中に入ってきており、中国は新興市場として絶えず生産企業を引きつけ、中国の消費者の習慣に合った小型家電製品を販売している。2010年はシェーバーのオンラインルート市場が急速に発展した年で、中国のシェーバー市場は2010年の経済回復を経験してから、2011年は更に良好な成長態勢を維持してきた。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%89%83%E9%A1%BB%E5%88%80/410138?fr=aladdin

国内外のブランドが競争中で、中国本土のシェーバーブランドは生産規模と市場シェアなどの面でも急激な飛躍を実現した。その中に、2004年、国内最大のカミソリ生産企業である超人グループは、世界のカミソリの生産販売台数第4位を一気に獲得し、世界の小型家電製品大手であるアメリカのレミントンと日本の日立を上回った。中国国内市場では、超人グループは440万個を売り上げ19%のシェアを占め、8年連続で業界トップにランクインしている。一方、フィリップは400万個を売り上げ、16%のシェアを占め、松下電気は180万個のレミントンと日本の日立を上回った。国内市場では、超人は440万匹を売り上げ19%のシェアを占め、8年連続で業界トップにランクインしている。それだけでなく、超人グループには287個の独自の知的財産権を持つ各種製品があり、全国の9割以上の大手売り場、スーパー、デパートではその製品を販売している。

様々な家電販売ルートは中国で更に拡張し、浸透し、休日の経済が勢いよく成長し、シェーバー市場の急速な発展に非常に積極的な役割を果たした。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%89%83%E9%A1%BB%E5%88%80/410138?fr=aladdin

http://www.cqn.com.cn/ms/content/2018-11/29/content_6520980.htm

http://www.cmrn.com.cn/scyj21/201712/2517146.html

筆者:钟珮瑜

2019年4月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com