加工

鏡面仕上げ加工

鏡面仕上げ加工は金属切削加工の最高境界であり、機械部品の寿命を高める最も有効な手段である。鏡面仕上げは機械切削加工後、品物の映像の金属表面をはっきりと映し出すことができる。

どのような金属加工法でも、部品の表面には必ず些細な凹凸のある傷が残り、入り組んだ峰谷現象が起こり、荒削りされた表面が肉眼で見られるようになる。仕上げた表面は拡大鏡や顕微鏡でまだ観察される。これが部品加工後の表面粗さであり、従来は表面洁度と呼ばれていた。国が表面粗さを規定するパラメータは、高さパラメータ、間隔パラメータ、総合パラメータからなる。鏡面仕上げ加工は一般的に工作物の表面粗さ<0.8umの表面を示す。

鏡面仕上げ加工の方法としては、材料除去方式と切削なし方式(ローラー加工)がある。

ローラー加工は、高硬度で滑らかなローラーを金属表面に接触させ、表面の凸部を平らにして凹んだ部分を隆起させるものである。表面層に局所微量の塑性変形を発生させ、表面粗さを改善する塑性加工法の一種である。短時間で表面粗さを改善すると同時に表面が加工硬化され、表面硬度が向上するのが特徴である。工作物の仕上旋削が残りの片面の0.05〜0.1mmまでの後、既存の大型の横型旋盤を利用し、ホルダーにローラーを取り付け、軸の首の表面に一定の圧力をかける。ローラーはワーク回転によって回転し、ワーク表面を転圧し、ワークの寸法と粗さの要求に達するまで、ホルダー上でワークの軸と平行なレールに沿ってゆっくりと往復移動する。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/208575560_583949

鏡面仕上げ加工は非常に広く応用され、特に油圧業界のシリンダー、油圧バルブ、ピストン棒などがある。

資料引用元:

https://www.sohu.com/a/208575560_583949

https://baike.baidu.com/item/%E9%95%9C%E9%9D%A2%E5%8A%A0%E5%B7%A5/5803519?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年4月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com