組立

精密機械の日常メインテナンス

ユニバーサル円筒研削盤は精密工作機械シリーズに属しており、部品の内側の円も加工できるし、外側の円も加工できる。精密加工に従事する企業にとって、大きな役割を果たしている。

以下はその日常のメインテナンスの方法のご紹介である。

1.潤滑システムにの検査

まずに、潤滑油ポンプを検査する。ポンプの運転は安定していて騒音がないと、潤滑油圧は正常である。次に、システム配管を検査する。配管圧力が正常かどうか、詰まりがあるかどうか、各配管と継手は漏れがあるかそうかを確定する。さらに、潤滑油を検査する。油液の色は正常、刺激性のにおいがなく、気泡がないと、温度は正常である。

 

画像引用元:http://www.tongyangcnc.com/Product/id98

 

2.機械システムにの検査

まずに、工作機械の送り部分のチェーンを検査する。工作機械のガイドレールと砥石フレームの親ネジはしっかりしているか、及び騒音などの現象にの検査である。次に、工作機械のガイドレールを検査する。両ガイド面は明らかな摩耗、変形がなく、砥石フレームのネジナットに隙間がありえなければ正常である。

3.油圧システムにの検査

一般的な油圧システムの故障は、油圧衝撃、キャビティと腐食、振動と騒音、漏れ、油圧クランプの締めなどによって引き起こされる。

精密機械部品を加工する過程で、油圧システムの故障によって砥石台の動作が適切でない、または誤動作が発生した場合、交換時に砥石台に微量のぶれがあり、化工品を研削する時に火花が急に増加することがある。だからこそ、分類して検査することによって故障の発生要因を探し出す必要がある。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/280273549_100083106

https://zhidao.baidu.com/question/921117692476549899.html

http://www.tongyangcnc.com/Product/id98

筆者:孔靖茵

2019年4月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com