テスト

各種類の機械加工プロセス

日常生活で使う多くのものは機械で加工された各種部品を組み立てていたものだ。以下は機械加工のいくつかの方法のご説明である。

 

画像引用元:http://www.360doc.com/content/18/0326/19/50030440_740399263.shtml

1.旋削加工

旋盤加工は主に回転工具で回転するワークを旋削することである。

主に回転面での加工に適していおり、回転面を持つ多くのワークは旋削方法で加工できる。例えば、内筒および外側円筒面、内側および外円錐面、端面、溝、ねじと回転成形面など、主なカッターは旋刀である。

2.フライス加工

フライス加工はブランクを固定するために、ブランクに高速回転のカッターを使い、所望の形状と特性をカットする過程である。伝統的なフライスは、フライスの輪郭や溝などの簡単な外形の特徴を持つモノに多く使われていおり、NCフライスは複雑な外形と特徴にの加工ができる。

フライス加工は一般的な金属冷加工の方式である。旋削とは違い、フライス加工においては、主軸駆動でカッターが高速回転し、加工されたワークが相対的に静止している点にある。

3.切削加工

切削加工とは、削り刀でワークを水平に往復させる加工である。

切削加工の運動構成は以下の通りである。ワークの往復直線運動は切削の主な運動であり、送り運動はカッターの直線間欠運動である。切削加工の主な運動には戻り空があるばかりでなく、往復運動も高速にはならないので、生産性は低い。また、切削加工の特徴のため、主に単品、小ロット生産に使われている。

4.研削加工

研削とは、研磨材を用い、ワーク上の余分な材料を切除する加工方法をいう。研削加工は、比較的広い切削加工方法の一つである。

研削は各種ワークの内筒および外側円筒面、円錐面、平面、ねじ、歯車、スプラインなどの特殊で複雑な成形面に用いられている。研削粒の硬度が高いため、研削具は鋭性を持っている。研削は硬鋼、高強度合金鋼、硬質合金、ガラス、セラミック、大理石などの高硬度金属と非金属材料を含む各種の材料を加工するために使用できる。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/240552950_678481

http://www.360doc.com/content/18/0326/19/50030440_740399263.shtml

筆者:孔靖茵

2019年4月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com