深セン/深圳

華強北は衰退せず やはり中国電子第一街だ

深セン市で最も賑わう商店街である華強北の1日あたりの来客数は50万人である。それと同時に華強北は国内の電子製品流通の主要な拠点でもあり、特に携帯電話の卸売や小売業務は全国で有名である。

ここ数年来、華強北に関する話題が絶えない。中国の電子業界第一位の街として有名な「華強北」電子市場は衰退したということで意見が一致した。確かに、華強北は再開発して以来、多くの店舗が閉店し、来客数が半分に減ったのは事実である。これは4年間に及ぶ街の再開発が大きな影響を与えていたからである。なぜそうであると言えるのか。一つは再開発期間が工事期にぶつかってしまったからである。二つ目はここ数年が電子取引の繁栄の時で、実体店舗に大きな衝撃を与えたのだ。三つ目は再開発時と再開発後、家賃が高騰し、商店は重い負担に耐えることができず、引っ越さなければならない。四つ目は、ここ数年、華強北は海賊版を取り締まって商品の検査を厳しくし、一部の偽物を作る業者を追いやったからである。

とはいえ、華強北は依然として中国電子第一の街である。サイガー電子城のテナントは再び満室となり、電子城内の人の流れは依然として絶えない。もちろん、当時の光景と比べて、まだ少し足りないが、華強北の中国電子第一の街の称号には影響はない。華強北は依然として全国電子製品の仕入れセンターである。電子取引は実体店舗に大きな衝撃を与えたが、ここの店舗は同じく電子商店を経営しており、その上、華強北は毎日数十万個の小包みを全国、そして世界各地に発送している。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1605213228127604171&wfr=spider&for=pc

なぜ華強北電子市場は依然として繁盛しているのか。これは深センの地位と歴史的な原因の形成が関係している。華強北電子市場は20年余りの年月を経て、各種の電子製品は既に生産・販売の一本化をなしている。

資料引用元:

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1605213228127604171&wfr=spider&for=pc

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1622176180613456493&wfr=spider&for=pc

https://baike.baidu.com/item/%E6%B7%B1%E5%9C%B3%E5%8D%8E%E5%BC%BA%E5%8C%97%E5%95%86%E4%B8%9A%E5%9C%88/1167924

筆者:钟珮瑜

2019年4月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com