製造

モノ作り費用に含まれる内容

モノ作り費用とは、企業の各生産部門(工場、作業場)が生産を組織し管理するために発生する各種の費用のことである。その内容は以下を含む。

1.作業場の管理者の賃金:生産現場の管理者、補助後勤者などの非現場の生産に従事している人、現場の作業員の非生産期間の給料もこのプロジェクトに計上する。

2.従業員の福祉費:第一項で定義した生産管理者の賃金の14%から抽出する。

3.交通費:企業が従業員の通勤のために発生される交通費用を指し、主にガソリン代、道路使用料などを指す。

4.労働保護費:規定の基準と範囲に従って職場の従業員に支払う労働保護用品を指す。暑気を防ぎ、健康食品(ミネラルウォーターの外注を含む)の費用と労働保護宣伝費を含む。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1602494860253195264&wfr=spider&for=pc

5.減価償却費:職場で使用される固定資産が規定通りに計上される減価償却費である。

6.修理費:生産現場で使用される固定資産の修理費用を指す。大修理費用の支出を含む。

7.賃貸料:職場で使用される外部から借入される各種固定資産やツールなどを規定に従って貸与する家賃のことである。

8.材料消耗:作業場管理部門が消耗する一般消費材料を指す。固定資産の修理と労働保護用材料を含まない。

9.低額消耗品償却:職場で使用される低額消耗品の償却を指す。

10.生産用ツール費用:作業場の生産に必要な生産用ツール費用のことである。

11.テスト・検査費:現場で発生する材料、半製品、完成品、計器などのテスト・検査費を指す。

12.季節修理期間中の休業損失:生産の季節的な必要により休業しなければならず、生産現場の休業期間中に発生した各種費用を含む。

13.暖房費:職場管理部門が支払う暖房費のことであり、暖房用燃料、蒸気、湯、ストーブなどの支出を含む。

14.水道・電気料金:現場管理部門が水、電気、照明用の材料などを消費するために支払う費用である。

15.事務費:職場の生産管理部門の通信費及び文房具、印刷・事務用品などの事務費用を指す。また、政府部門の宣伝経費は学習資料、写真のプリントアウト費用及び規定通りの支出の新聞購読料なども含む。

16.出張・旅費:所定の通りに生産現場の従業員が公務で外出する各種旅費、宿泊費、勤務手当のことである。その上、市内交通費と食事遅れ手当を支給すること、従業員とその家族の振替、引越し費用を規定に従って支払うこと、職業病を患った従業員が外地で医療に行く交通費、宿泊費、食費などを支払うことを含む。

17.運送費:生産に負担すべき工場内の運送部門と工場外の運送機構から提供される運送費用であり、その事務用車両の保養費、管理費、消耗燃料及びその他の材料などの費用を含む。

18.保険料:職場で負担すべき財産保険の費用である。

19.技術組織措置費:生産工程レイアウト調整などの原因で発生した費用を指す。

20.その他の製造費用:上記の1~19項を除き、半端に発生したその他は作業場が負担するべき費用である。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/0aa5efa4b0717fd5360cdc64.html

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1602494860253195264&wfr=spider&for=pc

筆者:孔靖茵

2019年4月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com