テスト

金属色のモデルは本当に金属製の金型か?

現在、金属色のモデルを作るのはシール、めっき、プレスプレー、擬金属成型色という4つの方法がある。シールはもちろん見分けられやすいので、次はめっき、プレスプレー、擬金属成型色の3つの方法についてご紹介する。

1.めっき

画像引用元:https://tieba.baidu.com/p/5945709296?red_tag=2187244907

めっき技術を通して板の表面に直接金属コーティングを施し、明るさと光沢度が非常に高く、輝く効果がある。もちろん、メッキコーティングは金銀などの色に限らず、真珠色を含む特殊効果も実現できる。ただし、光沢のある質感しか表現しない。

しかし、めっきも欠点がある。一方では、より良い発色のために、めっき部品自体の成形色は一般的に黒に設定されているが、隠れたノズルがないならば、非常に目立つ黒いノズルが部品の表面に残っている。他方では、メッキコーティングは一定の厚みがあり、部品の表面の細部や輪郭がぼやけるかもしれないばかりでなく、ある程度の組み合わせにも影響する。

2.プレスプレー

画像引用元:https://tieba.baidu.com/p/5945709296?red_tag=2187244907

めっきに対し、プレスプレーで実現した金属色の光沢度は低く、より自然な効果を示す。また、被覆の厚さがより薄く、表面の細部と輪郭の損失も比較的少ない。

その欠陥はめっきコーティングとほぼ一致しており、エココストは塗装作業のための人件費に代わる。さらに、厚いメッキコーティングに比べると、プレスプレーの塗料層は比較的弱く、摩耗や破壊を受けやすい。

3.擬金属成型色

画像引用元:https://tieba.baidu.com/p/5945709296?red_tag=2187244907

擬金属成型色は現在最も一般的な金属色である。めっきとプリスプレーの欠陥と比較的高いコストに対し、成形色で金属性能を実現するのはもちろんよりお得である。そらは透明または半透明の材質で金属粉末を混ぜて成形した擬金属成形色である。

その最大の利点は低コストであり、そのコストは普通の成形色とほぼ同じなので、非常に広く使われている。

資料引用元:

https://tieba.baidu.com/p/5945709296?red_tag=2187244907

筆者:孔靖茵

2019年4月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com