深セン/深圳

「中国電子第一街」を探訪し、華強北で新たな発見を得た

華強北商業区は広東省深セン市福田区に位置し、その前身は電子、通信、電器製品を主とする工業区域で、40数棟の工場がある。経済発展に伴い、華強北地域の機能が変化し、中国最大の電子市場になりつつある。深セン市政府は転換のきっかけをタイムリーに把握し、1998年から華強北電気街を改造し、深センで最も伝統的で最も人気のある商業旺地の一つになった。華強北商業区は2008年第10回の高交会華強北分会場の開幕式で「中国電子第一街」という栄誉称号を獲得した。これによって華強北商店街が全国電子商業界においてトップの地位にあることが認識された。

華強北沿街商業は1000社余りで、電子、電器、通信、時計セット、服装、百貨店、金飾、銀行証券、保険、不動産、レストランホテルなど数十の業界を集めた。でも電子通信業が主である。

画像引用元:https://cj.sina.com.cn/articles/view/2554550087/9843574700100rrs3?from=finance&subch=&sudaref=www.baidu.com&display=0&retcode=0

「最長の地下鉄商店街」の驚きの復帰

2018年、「封街」4年の華強北はクリエイティブな商店街の姿で驚き復帰した。1キロにも及ぶ地下鉄商店街、地下鉄4路線3つの乗り換えハブ、42の出入口が連なっており、「全国最長地下鉄商店街」と呼ばれている。五つの中庭広場、四つのテーマ商業空間、三つの特色的な回廊は、芸術、科学技術、人文と商業を融合させ、消費者に多様な体験空間を提供する。様々なテーマを組み合わせ、華強北商店街内のユニークな体験シーンを形成する。

この他に、華強北は地区の優位を発揮して、新しい時代の商業街区の建設を着実に推進して、ビジネス事業環境、文化のソフトパワーの上で工夫して、華強北の文化記号を創造して、科学技術の文化ブランドを作り、小さい目標に向かって一歩進んでいく。2018年11月、科学技術芸術、文化ファッションをメインラインとした第1回華強北科技芸術祭は、芸術シーンの創造、高雅な芸術の普及、素敵なショーなどを通じて、商業、文化、科学技術の美しさを全面的に展示し、「ファッション+芸術+科学技術」の祭典になった。

資料引用元:

https://cj.sina.com.cn/articles/view/2554550087/9843574700100rrs3?from=finance&subch=&sudaref=www.baidu.com&display=0&retcode=0

https://baike.baidu.com/item/华强北商业区/11023232?fr=aladdin

http://3g.163.com/dy/article_cambrian/EAI4A5SV054303BV.html

筆者:钟珮瑜

2019年4月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com